悠仁さま

悠仁さま「異世界転生ラノベ」ご執筆! 主人公はもちろん「ご本人」でチート生活か

文/星川晶

悠仁さまのプレッシャーと懸念

新年早々、見事な春飾りを発表され国民の度肝を抜いた悠仁さま。なんと3歳のころから盆栽を嗜まれていたという。悠仁さまと言えば、信号機やトンボの精巧緻密な模型をつくらていたが、その早熟な才能に感服せざるを得ない。だがこの状況を危惧する宮内庁関係者も多い。

「悠仁さまが発表される春飾りや工作物は、実際には職員との合作です。ですが、これらが『悠仁さま作』として喧騒されてしまっていることに、悠仁さまご自身戸惑いを覚えているようです。

皇位継承者であるがゆえに“国民の理想的象徴”でなければならないことが重荷になっていなければよいのですが…。愛子さまは年齢に見合った等身大の作品を発表されています。このような自然体でよろしいのではないでしょうか?」(宮内庁関係者)

国民(紀子さま)の期待の高さに応えようと下駄を履き、背伸びすることが、かえって悠仁さまにとってマイナスになるのではないかという声はしばしば取り上げられる。

悠仁さま「等身大」の隠れた才能

教育熱心な家庭では夏休みの宿題や課題を親が手伝うことはよくあることだ。たとえ悠仁さまの作品に第三者の手が加わっていようとも、それはひとえに紀子さまの教育熱心さの裏返しであって非難すべきものではないだろう。だがこのおかげで等身大の悠仁さまが解らなくなってしまったことも事実だ。

等身大の悠仁さまが知りたい――。これは国民共通の願いだろう。この思いを秋篠宮家の関係者に打ち明けたところ、悠仁さまには意外な才能があることを教えてくれた。

「意外かもしれませんが悠仁さまは異世界転生もののライトノベルの大ファンで、それを原作にしたアニメなどを熱心に鑑賞されています。作品を鑑賞するだけでは満足せず、ご自身でも小説の設定資料集を熱心に作られています。すでに資料集はノート3冊にものぼっており、異世界の歴史や文化、必殺技、魔法などを細かく書き込んでおられます。

(悠仁さまから許可を頂き)少しノートを拝見したところ、転生するのは悠仁さまご自身であり、血統の良さゆえか転生した異世界では最初からチート状態で、女性からモテモテという設定のようです」(秋篠宮家関係者)

だがいまだ設定資料集だけが作られ、小説自体の執筆はまだだという。作文コンクールでは佳作を取られた悠仁さまのこと、もし異世界転生ラノベを執筆されたならばベストセラーになりアニメ化されること間違いないだろう。

創作活動を誇りにする悠仁さま

このような「等身大」の悠仁さまをよそに、立派な悠仁さまを演出しようとやっきになっているのが紀子さまだ。先の関係者が続ける。

「等身大の悠仁さまこそ国民の共感を集められると思うのですが、紀子さまは“異世界転生ラノベ”というご趣味が気に喰わないようです。このごろはクラシック音楽や茶道、華道などを悠仁さまに勧められています。

ですがなかなか思い通りいかず『佳子は下品なダンスが趣味だし、眞子は悪趣味な男が趣味だし、一体うちの子供たちはどーなってるの!?』と叫んでおられました…。こういった親の期待ばかりの教育が押し付けられていることに、宮内庁内でも不安の声が高まっています」(同前・秋篠宮家関係者)

紀子さまが思い描く理想の皇室像というものは、高貴で近寄りがたい崇高な存在なのかもしれない。だが戦後の皇室は、一般に知られている以上にお茶目だ。天皇陛下がご幼少の頃におそ松くんのイヤミの「シェー」をご披露なされたことは「微笑ましいエピソード」として語り継がれている。今でも天皇陛下は駄洒落を連発されることがある、と週刊誌に取り上げられたことは記憶に新しい。悠仁さまの執筆活動も、そのお人柄の素晴らしさを伝える同じく「微笑ましいエピソード」として語り継がれるだろう。先の関係者も次のように語ってくれた。

「紀子さまがどのように思われているのかは別として、悠仁さまはご自身の執筆活動に大変な誇りを持たれています。創作ノートも、(悠仁さまから)喜んで見せていただきました。大変素晴らしいことです」(同前・秋篠宮家関係者)

価値観の多様性が浸透する中、自信をもって己が信念を貫く悠仁さまの姿に感動を禁じ得ない。だが、悠仁さまは多感な時期に差し掛かっており、一部週刊誌によれば「反抗期」の兆候がでているという。愛子さまとともに未来の皇室を担っていく運命にある悠仁さま。親の満足だけでなく、本人のためになる教育がなされることを祈ってやまない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。