海外王室

ラーニア王妃「アンマン訪問」が美しいと話題に

ラーニア王妃コワーキングスペース訪問

2019年7月31日、ラーニア王妃(ヨルダン国王・アブドゥッラー2世の王妃)はアンマンのダウンタウンにあるコワーキングスペースでヨルダン人の青年実業家グループと会いました。

コワーキングスペースとは事務所、打ち合わせなどに必要な会議室などを共有しながら、独立した仕事を行う「共働ワークスタイル」を提供する場所を意味します。日本でも、都内を中心にこのような施設が増えてきています。

また、アンマンはヨルダン・ハシミテ王国の首都。ヨルダンの政治・経済の中心都市となっており、中東でも有数の世界都市として知られます。

写真で振り返るラーニア王妃のご訪問の様子

ラーニア王妃の美しさに称賛の声が上がる

「世界で最も美しい」と称されるラーニア王妃に対して「美しすぎる」「ラーニア王妃の美しさは完璧だ!」などと称賛の声が上げられています。

ラーニア王妃が訪問の際に着用されていた物は、アメリカブランドのティビ(TiBi)の2トーンカラーのコットンポプリンシャツお値段約5万円、イタリアブランドのエレナ・ギゼリーニ(Elena Ghisellini)のショルダーバッグお値段約5万円そしてイギリスブランドのジェニファー・チャマンディ(Jennifer Chamandi)のヒール約10万円でした。

お値段的にも一般庶民でもチャレンジできそうな物となっています。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。