眞子さま

眞子さま「裏垢」で“嵐”をフォロー 新曲の「サクラップ」で目を潤ませる

文/星川晶

嵐の「奉祝曲」を楽しみに

「天皇陛下御即位を祝う国民祭典」の開催が11月10日に迫っている。この祭典の二部では、二重橋前特設舞台にて国民的アイドルグループの嵐が「奉祝曲」を披露する予定。抽選で選ばれた約1万人が会場に入場することが可能で、先日一般公募の結果が発表されるとSNS上では当選者の喜びの声が多く上がった。

「眞子さまはかねてより嵐やジャニーズグループの大ファンで、佳子さまとご一緒に何度もコンサートに足を運んでおられるほどです。この国民祭典でのパフォーマンスも非常に楽しみにされて、当日も特別席でのご観覧をご希望されています」(秋篠宮家関係者)

嵐がTwitterアカウントを始動!

さて、嵐は11月3日に結成20周年を迎え、公式SNSを一斉にスタートさせた。現在のフォロワー数はTwitter現在約163万、Instagramは約200万と驚異的なスピードでその数が増加している。

その他、Facebookは約20万人、TikTokが約52万人、中国版ツイッターのWeiboが約15万人(4日午前現在)となっており、嵐は早速インスタライブなどでファンとの交流を楽しんだ。

このニュースに、熱狂的な嵐ファンの眞子さまも目を輝かせておられたそうだ。

「最近は沈痛な面持ちでスマートフォンをご覧になっているご様子がしばしば見受けられる眞子さまですが、この件をSNSでお知りになったようで、佳子さまに『見て!すごいすごい!』と大喜びで報告されていました。

熱心にスマフォで何かを入力され、『DMは開放してないっぽい…』と何やら難しい表情で熱心にスマフォに打ち込んでいらっしゃいました。偶然その画面が視界に入ってしまいましたが、『20周年おめでとう!翔くん大好き!』とのリプライを送信されていたようです」(同前・秋篠宮家関係者)

20代の女性らしくSNSをご活用されている眞子さま。恐らくリアルな知人などには明かさない形の“裏アカ”をお持ちなのだろう。

振り付け練習も欠かさない眞子さま

また、その日眞子さまのお部屋からは爆音で新曲「Turning Up」が繰り返し流れており、お部屋の中からは時折“ミシッミシッ”と物音が響いてきたという。

「恐らく、振り付けを練習されていたのでしょう。これまでにも、佳子さまから何度かレクチャーを受けておられましたから。佳子さまはお好きなK-POPグループやジャニーズグループのダンスは必ず練習されるのですよ。紀子さまも眞子さまの運動不足を心配されていましたから、さぞお喜びのことでしょう」(同前・秋篠宮家関係者)

この「Turning Up」では、櫻井翔さんのラップ、通称“サクラップ”のパートもあり、ファンからは「神曲過ぎる!」「めちゃくちゃかっこいい!」との感想が挙がっている。「国民祭典」に向けて眞子さまのテンションも最高潮に達していることだろう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。