愛子さま

愛子さま、文化祭でのダンス披露で観客殺到! 成功の裏には佳子さまとの秘密特訓も

文/編集部

愛子さま、今年も文化祭でダンスを披露

今月9日、皇居前広場にて天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が開催されたが、実は祭典には愛子さまもお忍びで参加されていたという。

奉祝曲「Ray of Water」の演奏と嵐による歌唱を聴かれた雅子さまが涙を浮かべられたことも話題となった国民祭典であるが、愛子さまにとっても、忘れられない1日となったことだろう。

この前週となる11月3日、4日には、愛子さまにとって高校最後の文化祭となる、学習院女子中・高等科「八重桜祭」が開催されていた。昨年の八重桜祭では同級生数人とダンスチームを結成され、初めてダンスを披露された愛子さまだが、今年もチームを結成してダンスを披露し大いに会場を沸かせたようだ。




文化祭の大トリを務められた愛子さま

去年から、文化祭でチームでのダンスを披露されている愛子さまだが、今年は3年生の代表としてステージ上のパフォーマンでの大トリを務められた。ある学習院関係者は次のように語る。

「愛子さまは、去年から同級生のダンス仲間と結成された『BLOOM』というダンスチームでパフォーマンを披露されていますが、初の披露目となった去年の文化祭では観客が殺到し、開演が30分も遅れるトラブルとなってしまいました。

そのため、今年は特別に観客を案内するためにスタッフを特別に配備し、観客が殺到してもパニックとならないための特別な措置が講じられました」(学習院関係者)

このように特別な措置が講じられたが、にもかかわらず、在校生はもとより、保護者からの愛子さまの人気も凄まじく体育館の入口がごった返して収拾がつかないほどの事態となってしまったそうだ。

メンバーとおそろいの衣装で登場された愛子さまは、洋楽の曲を3曲、Jポップを2曲の合計5曲でチアダンスを披露されました。今年は、多忙な合間を縫って両陛下も文化祭を訪問されていたのですが、ステージ上で見事なパフォーマンスを披露される愛子さまの様子をほほ笑みながら見守られていました(学習院関係者)

かつては、クラスメイトとの関係が上手くいかず、不登校気味になられることもあった愛子さまが、現在では、同級生のダンス友達と仲良く揃ってパフォーマンスを披露されている姿を雅子さまも特別な想いで見守られていたのではないだろうか。

パフォーマンス成功の裏には佳子さまとの秘密特訓も

去年の文化祭では、2曲のチアダンスを披露された愛子さまだが、今年は洋楽の曲を使いヒップホップなどのストリートダンスの要素も取り入れながら、なんと計5曲ものダンスを披露された。

ご自身の文化祭でのパフォーマンスが大変な注目を集めるということを自覚されている愛子さまは、今回並々ならぬ努力をされて準備に臨まれたという。ある皇室関係者は次のように語る。

「文化祭の直前には連日、放課後もチームのメンバーと集まり熱心に練習に励まれていたほか、帰宅後にも、ダンスの得意な佳子さまにアドバイスを求められたり、また時には一緒に練習されることもありました。

佳子さまと愛子さまは、普段は実の姉妹のように仲良しの関係ではありますが、愛子さまと練習される際の佳子さまの様子は真剣そのもので、時には愛子さまが目に涙を浮かべられることもあるほどにダンスの先輩として厳しい練習の指導をされておりました(皇室関係者)

佳子さまの真剣な指導の成果もあってか、愛子さまは仲間とのダンス練習の際にも中心となって他のメンバーを引っ張っていき、また本番でもひときわ完成度の高い、キレのあるパフォーマンスを披露されたという。

自分の可能性を広げたい――。そのような思いから趣味のダンスに勉学に、と何事も真剣に取り組まれている愛子さま。おそらく、今後もますます、晴れやかなプリンセスロードを突き進んでいかれる様子を国民の前に見せていただけることだろう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。