皇室

桜を見る会が「皇室利用」で公金流用疑惑…!?(宮本タケロウ)

文/宮本タケロウ Twitter

「桜を見る会」の新たな疑惑

連日テレビニュースを騒がせている総理大臣主催の「桜を見る会」問題だが、ここに来て新たな疑惑が浮上した。

ホテル・ニューオータニ東京(千代田区)で開催された「桜を見る会」前夜の立食パーティの参加費がたった5000円であるという問題だ。

ホテルのホームページによると同店の夕食の場合、にぎりは最低でも6300円、唐揚げは2500円だ。立憲民主党がホテル側に見積もりを手配したところ、「立食パーティの会費は最低でも、1人1万1000円」と見積書が発行されたとのこと。

このことから、野党側は「不足分を総理が負担していたら公職選挙法違反!」とすごみ、疑惑が紛糾しているが、安倍首相側は「5000円はホテル側から提示された金額」と疑惑を否定している。

「安倍総理の言うことが正しい」(政府関係者)

本サイトはこの「立食パーティー5000円」疑惑について、政府の会計関係筋から更なる疑惑を入手した。

政府の会計関係筋はこう語る。

「総理はニューオータニから提案された金額が5000円であり、党や安倍晋三事務所からお金を支払った事実はないとしていますが、これは恐らく事実でしょう。単に、ニューオータニ側がサービスで安くしただけだと思います」(政府の会計関係筋)

関係筋によると安倍総理の言う通り、会費5000円はホテル側が値引きした金額だそうだが、果たして半額以上に値引きするなどあり得るのだろうか?

「あり得ます。ニューオータニは準迎賓館ですから。海外の大統領や国王が来日する時に宿泊先になるのもニューオータニです。先日の即位礼正殿の儀でも、安倍首相夫妻主催の夕食会が開かれたりしましたね。その他、自民党をはじめ様々な政党のパーティが開催されるのもニューオータニです。首相動静のニュースを見てみてください。ほぼ毎週ニューオータニで会合なり党員の○○を囲む会などをしているはずです。ですので、『安倍総理にはいつもお世話になっております』と、値下げ交渉に応じることはあり得ます」(政府の会計関係筋)

(ニューオータニ東京)

政府の会計関係筋が述べる様に、仮にホテル側が「自発的に値引きした」となると問題はないのかもしれないが、しかし、事態はそう単純でない。

「水増し請求」による4億円の公金流用…

ある外務省関係者は「水増し請求」という驚くべき単語を口にした。

「ホテル側から政府に対して天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に関する水増し請求が行われている可能性もあります。というのも、政府とホテルの関係には前科があるからです。2001年に『外務省機密費流用事件』と『水増し請求公金流用事件』という大事件がありました。これは当時外務省の会計担当が日本で開催されるサミットなどの国際会議で使用されるホテル側に借上げ費の水増し請求を依頼し、実際よりも数割高めに公費から支払っておいて、その浮いたお金をホテル側にプールさせ、そのプール金で外務省職員がタダでホテルに宿泊したり、飲食したりしていたというとんでもない事件でした」(外務省関係者)

詳しく聞くと、この2000年代初頭の『流用事件』は眩暈を催すほどにスケールが大きい…

なんとホテルから水増しされた金額は数回の国際会議で約4億円に上ったとのことだ。それがすべて外務省職員の遊興費に使われたらしい。

外務省関係者は「今回の『立食パーティ5000円疑惑』が同じケースである可能性もなくはないでしょう」と言う。

つまり、「安倍晋三後援会の飲食費を実際の金額より安く抑える代わりに、『即位礼正殿の儀』晩餐会の経費を高くして、不足金額を相殺する」ということだ。

本当にそんなことが行われていたのだとしたら、天皇陛下の一世一代の慶事にかこつけて費用を水増しし、国民の税金を流用していたという、日本史上まれにみる不敬・不忠事件となる…

「裏金は簡単に作れる…」(政府関係者)

冒頭の政府の会計関係筋に問いただしてみると、「その可能性はありえます」とこう答えた。

「確かに、2000年初頭の外務省スキャンダルで中央省庁は軒並み綱紀粛正され、『プール金』が生まれる余地もなくなりましたが、天皇陛下即位の『首相夫妻主催晩餐会』は無傷の官邸が所掌ですからね。2001年の『外務省機密費流用事件』の時には、外務省から機密費が官邸に領収書が要らない裏金として『上納』されていたことも明らかになっています。しかも、これを官邸が認めたのは2010年になってから。このように倫理意識の乏しい官邸なら、ホテルに強要して裏金作りに専念するということはあり得ます」(政府の会計関係筋)

しかし、一国の政府機関が誰にもばれずにそんなことをできるのだろうか?政府の会計関係筋は実際に政府機関で公金を扱う仕事をしていた時期をこう振り返る。

「私も以前、官邸ではありませんが、公金を用いて民間業者と折衝する仕事をしていたので分かりますが、ぶっちゃけ、裏金くらい、業者が協力してくれれば現場の会計担当官レベルで作ろうと思えば作れます。今回の『立食パーティ5000円疑惑』で公金が流用されているかどうかは証拠がないので分かりませんが、野党は早めにその辺も突っついた方が良さそうですね。証拠を隠滅される心配もあるので」(政府の会計関係筋)

この「水増し請求疑惑」が真実だとしたら、証拠はホテル側にもあるだろう。ホテル・ニューオータニ側に問い合わせたが、「広報が開いていないのでお答えできない」との無碍な回答だった…

「桜を見る会」から浮き彫りになった安倍政権の倫理意識の欠如だが、はたして真相は、皇室の慶事も巻き込む大スキャンダルなのだろうか…官邸も疑惑がシロならしっかり晴らすべきだ。

今後の野党の追及を見守りたい。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。