海外王室

キャサリン妃とウィリアム王子が慈善ヨットレースに出場

「キングス・カップ・レガッタ」が開催

キャサリン妃とウィリアム王子が2019年8月8日にイギリス南部ワイト島の港町カウズで開催された、慈善ヨットレース「キングス・カップ・レガッタ」に出場しました。

キングスカップの出場チームは、二人がパトロンを務めるチャリティ団体の中から8つ選ばれて行われました。

キャサリン妃はチャリティ財団、ロイヤル・ファウンデーション(Royal Foundation)を代表、ウィリアム王子はチャイルドビリーヴメントUK(Child Bereavement UK)を代表して出場しました。

チャイルドビリーヴメントUKは子供と死別した遺族をサポートするチャリティ団体です。

「キングス・カップ・レガッタ」でのご様子

キャサリン妃「引き締まった足が素敵」と称賛の声が上がる

レガッタレースを楽しみになられたご様子のキャサリン妃に対して「鍛えられて引き締まった足が素敵!」「レースを楽しみになられて良かった」などの称賛の声が上がっていました。

キャサリン妃がレース会場に到着時に着用してたトップスは、スペインブランドのサンドロ(Sandro)でお値段約2万円。ズボンはエルケーベネット(L.K.Benett)でお値段約2万円。そしてピアスはキキ・マクドノー(Kiki McDonough)お値段は約40万円!

エルケーベネット(L.K.Benett)
キキマクドノー(Kiki McDonough)

またレース時に着用された服は、イギリスのマリンウェアブランドのギル(GIL)のソフトシェルジャケットお値段は1万8千円でした。

ギル(GIL)のソフトシェルジャケット

レース結果は、ウィリアム王子が3位、キャサリン妃が最下位だったようです。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。