海外王室

レティシア王妃家族「エレガント」に博物館を訪問 ドレス姿がステキと評判

スペイン王家族がソン・マロイグ・ハウス博物館を訪問

フェリペ6世王、レティシア女王、レオノール王女、ソフィア王女は、スペインのパルマ・デ・マヨルカにあるソン・マロイグ(Son Marroig)・ ハウス博物館を訪問しました。博物館にはさまざまな時代の絵画、家具、陶器といった美術品だけでなく、オーストリア大公ルートヴィヒ・サルヴァトールの私物が保存されています。

ソン・マロイグ・ハウス博物館は元々オーストリアのハプスブルク家が所有するオーストリア大公ルートヴィヒ・サルヴァトールの邸宅でした。現在では結婚式場としても利用されています。

ソン・マロイグ・ハウス博物館観光のご様子

レティシア王妃の着用ドレスが話題に

レティシア王妃のドレス姿を見て、「Aラインのドレスをあんなに素敵に着こなせるなんて羨ましい」「シンプルなのにエレガント」「綺麗に日焼けした肌を引立てるドレスだわ」などの称賛の声が上がっています。

レティシア王妃が着用されたドレスはウテルケ(Uterque)お値段は約1万円となります。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。