眞子さま

眞子さま、飲酒議員に「いつ結婚するの?俺と結婚する?」と迫られご傷心!

文/編集部

進展しないご結婚問題

現在、結婚延期状態となっている秋篠宮家の長女眞子さまと、小室圭さん。延期の期限とされている2020年が近づく中で、全く問題は進展していない。

もともとは、母親の小室佳代さんと元婚約者との間にあった400万円の借金問題がきっかけで延期となったこの結婚問題であるが、その後も、小室圭さんの母親の宗教の問題や、まったく将来に向けての人生設計が見えない小室圭さん自身の問題と様々な問題が浮上。結婚に向けて前進するどころか、現在ではますます多くの国民が結婚に疑問を抱いている。

ある皇室ジャーナリストは次のように現状を語る。

小室圭さんは、“国際弁護士氏の資格を獲得すれば、結婚に近づける”と考えているようですが、すでに多くの国民が小室圭さんにネガティブなイメージを持っており、国際弁護士の資格さえ取れれば万事が解決し、多くの国民の祝福のもとに結婚出来るといった状況ではなくなっています(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮殿下は去年のお誕生日会見で、「多くの国民から祝福される状況にならなければ納祭の儀は行えない」と発言されたが、もはや、今後いつかこの結婚が多くの国民から祝福されるような状況となる日がくるとは到底考えられない。

「饗宴の儀」で不適切行動

このような状況の中、先月10月29日に行われた天皇陛下の即位を祝うの「饗宴の儀」でとんでもない事件が起きてしまった。なんと、ある国会議員が「饗宴の儀」でお酒を飲み過ぎて泥酔した状態で眞子さまに話しかけ不適切な発言を繰り返したというのだ。

「この議員は、眞子さまに挨拶をした直後に『小室圭さんと会われていますか?』などと聞いたことで周囲に緊張が走りました。眞子さまは少々顔を引きつらせながらも、なんとか笑顔を保ちながら『いえ、圭さんは現在アメリカに留学中ですから』と仰られるのがやっとでした。

しかし、その後、この国会議員は、泥酔の勢いでますます饒舌になり、『いつ結婚するの? 俺と結婚する?』などと語りだし周囲を愕然とさせました。なんとか周りの議員に制止され、会場から退出させられました」(皇室関係者)

周囲の議員が制止したことで、なんとかその場は収まったものの、その後、眞子さまは終始浮かない表情であったようだ。「饗宴の儀」というアルコールの入る席ではあるものの、皇室行事であることに変わりはない。参加者に節度ある行動が求められることは言うまでもない。まして眞子さまの結婚延期は機微に触れる問題であり、相手が皇族でなくとも控えるべきものあである。

眞子さまの迷い

もしかしたらこの議員は、小室圭さんと会えない眞子さまを不憫に思い、優しさから『俺と結婚する?』と提案したのかもしれない。また眞子さまの結婚延期問題は国民の関心事であり、公益のためにこの議員は『小室圭さんと会われていますか?』と聞いたのかもしれない。実際、ネットでは、この議員を責めるのではなく、「よく聞いてくれた!」「Good Job!」と称賛する声も上がっている。

そして、この議員の発言は、眞子さまの心に深く刺さり、結婚について見直すきっかけになったようだ。帰宅された後の眞子さまの様子を、先の関係者が次のように語ってくれた。

「この国会議員の問題行動があった“饗宴の儀”が終わった後には、眞子さまは深く傷ついた様子で、側近の職員達の前で一言『やはりこの結婚は間違っているのでしょうか?』と述べられました。

これまで、揺らぐことのなかった結婚への想いですが、先の見えない状況が続き、国民やマスコミからの批判も行われる中で、眞子さまのお心にも迷いが生じているのかもしれません」(前出の皇室関係者)

先の見えないご結婚問題であるが、来年4月に行われる「立皇嗣の礼」の前に何らかの方向性が示されるのでないかとみられている。

皇位継承問題に関する議論が盛り上がりを見せる中で、女性宮家創設の問題とも深く関係しているだけに、このご結婚問題にも注目が集まっている。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。