秋篠宮殿下

紀子さま「泥酔議員事件」で、秋篠宮殿下に苦言 「若い頃のあなたそっくりですね」夫婦喧嘩へ

文/編集部

追及続く泥酔議員の不適切行動

先月行われた天皇陛下の即位を祝う「饗宴の儀」で、参加していた国会議員の一人が酒に酔って不適切な行動を取ろうとしたことが国会で追及されている。

問題となっている泥酔議員は、「饗宴の儀」の会場内で大量の酒を飲み、泥酔状態のまま眞子さま佳子さまに話しかけ、眞子さまに対しては、「彼氏と会っていますか」「アメリカはやはり遠いですね お寂しいですか」などと声をかけ、佳子さまに対しては、さらに酔った状態で「殿下!殿下!」などと声をかけたという。

これらの言動は、会場にいた国会議員を含む、複数の関係者が目撃したとされているが、宮内庁はメディアの取材に対して、「把握していない」としており、また当の国会議員も、「問題ある行動を取ったという認識はない」とこれらの疑いについて否定している。

泥酔議員の事件を巡り秋篠宮家では喧嘩も

実は、今回この泥酔議員の起こした事件によって、秋篠宮家の家庭内は喧嘩のような状態になってしまっているようだ。

この事件のあった「饗宴の儀」の後には、泥酔議員に対して不満の言葉を口にされていた佳子さまに対して、紀子さまが「あなたが普段からチャラチャラしているのもいけなかったのではないですか?」「軽い女と見られたからあの議員に声をかけられたのではないですか?」などと延べられたことで佳子さまは激怒。

さらに、佳子さまと口論になった後にも、続けてさらなる問題が起きたとようだ。ある皇室関係者は次のように語る。

「佳子さまと口論が終え事態が収まった後にも、紀子さまは、さらに秋篠宮殿下に対して“あの騒ぎを起こした議員は若い頃のあなたそっくりですね”と述べられました。

殿下は、その場で何か言い返されることはありませんでしたが、あからさまに不機嫌な表情を見せ、同時に呆れたような様子で、不満を口にされる紀子さまのお姿を眺めておりました」(皇室関係者)

かつて、紀子さまとのご結婚前には、複数のガールフレンドと交際する無類の女性好きであったことが週刊誌に報じられたこともある秋篠宮殿下であるが、さすがに紀子さまがこのようなセリフを吐かれた時には、周囲にいた職員らも「何もこんな時にそれを言わなくても……」と困惑した様子であったという。

紀子さまは家庭内で孤立状況か?

これまで、眞子さまのご結婚問題や佳子さまのご趣味のダンスに関わる問題で、ご姉妹と紀子さまがたびたび口論をされることが週刊誌やネットメディアなどで取り沙汰されているが、現在では、秋篠宮殿下ともしばしば激しい口論を伴う喧嘩が行われ、夫婦仲が険悪な状態になることもあるようだ。

政府や、国会で皇位継承問題に関する議論が本格的に開始される前に、なんとか国民からの信頼を回復したいとお考えになっている紀子さまであるが、度重なる家庭内問題に関する報道の数々により、信頼を取り戻すどころか、ますます国民の心は離れていきそうな様子である。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。