愛子さま

愛子さまの「胎内記憶」… “優しさ”は雅子さまを「選んで」生まれてきた

文/歩紀柚衣、監修/一条あやか

「胎内記憶」とは

サイト読者の皆様は「赤ん坊は母親のおなかの中にいた時のことを覚えている」という不思議で素敵な話をご存じだろうか。「胎内記憶」という言葉で呼ばれ、数年前に映画にもなったため、分かる方も多いだろう。3人に1人の子どもが覚えているという「胎内記憶」だが、3歳以降、物心がつくころになると、徐々に忘れていってしまうらしい。

「実は、雅子さまも愛子さまが3歳になった時に、冗談半分で『おなかの中にいた頃のこと、覚えてる?』と、聞いてみたそうなんです…」

今回は、東宮御所(当時)に使用人として務めていた人物筋が、「10年以上前に聞いた話」として愛子さまと雅子さまの心温まるエピソードを教えてくれた。

2004年の春、愛子さま2歳の頃…

「あれは15年程前のことでした。ちょうど、週刊誌で愛子さまを『逆さバイバイ』と揶揄する報道があったころのことです。宮内庁から報告があり、皇太子さま(天皇陛下)も雅子さまも週刊誌のコピーを見て憤慨されていた朝でした」(元東宮御所使用人筋)

話は2004年の春から夏にかけての話のようだ。2004年の年初に当時の東宮職が愛子さまの元気に遊ぶ動画を公開した後も、中傷がやまなかった頃の話らしい。

「雅子さまは、中傷記事などつゆしらず、楽しそうにピアノとハープで遊ぶ愛子さまに、ふと『愛子はどうしてパパとママのところにきたの?』と聞いてみたのです。すると愛子さまは、いたって自然な口調で『だって、ママが寂しそうだったから』とお答えになりました。それを聞いて、嬉しくなった雅子さまは、さらに『おなかの中にいた頃のこと、覚えてる?』とお聞きになったのです。

愛子さまはこう仰いました。『覚えてるよ。おなかにいる愛子にタッチしてくれてたでしょ?ママとパパが仲良く笑ってるお話、ずっと聞いてたよ』と」(元東宮御所使用人筋)

(2004年の愛子さま)

軽い気持ちで聞いたことが思わぬ話に展開したらしい。

当時は陛下のいわゆる「人格否定発言」があった頃だ。雅子さまは結婚以来、皇室のしきたりやお世継ぎのプレッシャーに悩まれてきた。

結婚8年にしてやっとの思いで産んだ子供が、女の子の愛子さまだったということで、前年の暮れには宮内庁長官から「秋篠宮家に第三子を期待する」と発言された。雅子さまは女性としての自分を否定されたように感じていたに違いない。

そんな時にママが寂しそうママとパパが仲良くしてると2歳の愛子さまから聞いた嬉しさはいかばかりだっただろう。

両陛下を「お選び」になって生まれた愛子さま

「思わぬ展開を見せた話に、雅子さまは『じゃあ、愛子はおなかの中に来る前はどうだったのかな?』と冗談半分で聞かれました。

すると愛子さまは、同じように自然な口調で『生まれる前はね、お空にいたの。お空からパパとママのこと見て、とっても仲が良くて楽しそうだったから、ぜったいこのパパとママだ!と思って、ママのところに決めたんだよ』と仰ったのです!」(元東宮御所使用人筋)
 
一般に「胎内記憶」とは文字通り妊娠中の記憶のことだが、確かに、ごくまれにだが、生まれる前のことを話す幼児もいるとは聞いたことがある。

筆者もなかなか信じられない話だが、東宮御所使用人筋の人物が続ける話はさらに興味深いものだった。

「ここまでは子供が空想で物語を作っているだけのように聞こえますが、続けて愛子さまは驚くべきことをおっしゃったのです…

ママ、愛子ね、本当は生まれてくる前にママのところに一回来てたんだよ。でも、お空に忘れ物して取りに戻ったの。愛子がお空に戻る時、ママ泣いてたけど、ちゃんとママのところに帰って来たんだよ。だからママ…泣かないでいいんだよ
 
と。このご発言に雅子さまは、ハッと驚き、手で胸の辺りを抑える様にして、涙されたのでした」(元東宮御所使用人筋)

雅子さまが涙された理由は本サイト読者ならお分かりだろう。そう、愛子さまが生まれる2年前の1999年の12月、雅子さまは妊娠数週目に流産を経験されていたのだ。

(2004年の愛子さまと雅子さま)

「当時は、事あるごとに思い出すのでしょうね、『産んであげられなくて、ごめんね、ごめんね』と涙される雅子さまに、そっと皇太子殿下が背中をさすっていらしたことを覚えています。お世継ぎをお流しになってしまったというよりも、むしろ、おなかに宿った大切な命を亡くしてしまった罪悪感が強いのだろうなと、雅子さまも皇太子殿下も一人の人間ですしね。当時はそう思いました。

考えても見てください。わずか2歳の愛子さまが、その5年前に流産があったことを、どうして知る事が出来るでしょうか?その場にいた使用人も、流産の時のことは皆知っていましたから、みんな涙を抑えるのに必死でした」(元東宮御所使用人筋)

ママ、泣かないで…いいんだよ

だからママ、泣かないでいいんだよ… 愛子さまの優しさが伝わる。

「胎内記憶」は、それを覚えている子供でも4歳以降になると忘れると言われている。愛子さまもその例にもれず、今ではすっかり、忘れてしまったらしい。

「4歳を過ぎたころから愛子さまは、もうその話をされても『覚えていない』とおっしゃるようになりました。現在の愛子さまに真相について確かめようがない以上、この『胎内記憶』が本当かどうかは分かりません。当時でも『私は信じないよ』と陰で言う職員もいました。

ですが、仮に『お空に忘れ物を取りに戻っただけなんだよ』と愛子さまがおっしゃたのが、娘が母を想うがゆえの作り話だったとしても、愛子様が雅子さまを想う愛には偽りはありません」(元東宮御所使用人筋)

いわゆる「胎内記憶」が真実かどうか、「信じるか信じないかは、あなた次第」であろう。しかし、愛子さまが雅子さまに投げかけた言葉の「優しさ」は疑いようのない真実だ。

最後に東宮御所の使用人筋は、感動しながらも半信半疑だった筆者にこう語った。

「愛子さまの話された『胎内記憶』が、嘘か本当かは今となってはどちらでもいいんです。ただ一つ言えるのは、愛子さまのご両親への愛は真実だということです


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。