秋篠宮殿下

秋篠宮家の「33億円豪邸」は“日本の誇りのため” 国会議員が「小室家の警備1億円」も容認

文/編集部

問われる皇室予算のあり方

先月11月30日、54歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮殿下。同日、お誕生日に先だって収録が行われた記者会見の内容が発表された。会見の中では、記者から大嘗祭に関わる「公費」に関する質問もあった。

大嘗祭に関する質問が出た背景には、去年のお誕生日会見で、秋篠宮殿下の口にされた「(大嘗祭は)できる範囲で身の丈にあった儀式にすれば」「内廷会計で行うべきだ」というご発言がある。

今年の会見では殿下は昨年の記者会見で,天皇家の私費である“内廷会計で行うべきだ”と述べられましたが,現在もその認識にお変わりはないですかという記者からの質問に対して、秋篠宮殿下はそれについては今も昨年お話しした時と気持ちは変わりませんと答えられた。

このご発言は、多額の費用がかかった今年の天皇陛下の即位に伴う大嘗祭のあり方を否定する発言ともとれるだけに、専門家や関係者らの間で大変な物議を醸した。

宮内庁職員らは困惑

このように、大嘗祭の予算のあり方を批判する秋篠宮殿下であるが、秋篠宮家に関わる予算の額に関してはそれほど大きな注意を払っておられないようだ。

「大嘗祭等の出費を“内廷会計ですべきだ”と主張なさっている殿下ですが、一方で老朽化の進んでいるご自身のお住まいの改築費として3年間で33億円の予算が計画されており、これは全て公費である宮廷費で賄われています。

ご自身のお住まいの改修費には一切言及なさらず、もっぱら新天皇の儀式について異を唱えられるお姿に、疑問を持つ職員も宮内庁の内部で出始めているようです(宮内庁関係者)

現在、秋篠宮殿下のご発言や、眞子さまの婚約者である小室圭さんに関する疑惑などの影響もあり、国民の間で「皇室全体の予算を見直すべきではないか」「宮家の会計も開示を」という声も上がっている。

宮家の費用は日本の誇りのために必要

そんな中、皇族に関わる費用は全て「日本の誇りのために必要」と豪語するある野党議員のTwitter上での発言が一部で物議を醸している。

この野党議員の発言は、多くのネットユーザーが指摘する“秋篠宮は、自分の家に関わる多額の費用に無頓着でありながら、殊更に節約の重要性を口にする”との批判に応えてのものだ。

  • 自宅に仮住まい含めて43億
  • 自分の立皇嗣の礼予算4000万は無言
  • 娘の彼氏の警備費はすでに1億5000万超え
  • イタリア訪問費用3000万

といった秋篠宮家の支出やそれに伴う殿下の“態度”に関して疑問視するリプライに対し、先の国会議員は「皇室にかかる費用は、日本の誇りのための費用です」「無際限ではいけませんが、(中略)私は違和感を覚えません」と答えている。

果たして、日本の誇りのために30億円以上の豪邸が必要であるのか?という疑問もさることながら、特に驚くのが、小室圭さんや小室佳代さんの警備にかかる1億円以上の警備費用の援助も日本の誇りのために必要だというのだ。すでに、宮内庁が、「眞子さまと小室圭さんの婚約は白紙状態にある」との見解を表明しているにも関わらずである。

現在、皇室に関連する予算は、ほとんど国会での審議がなされず、事実上の聖域になっているともいわれる。残念ながら、予算について審議する立場にある当の国会議員がこのような意識である始末なのだ。今後も当分は、皇室予算に必要なメスが入るのを期待することは難しそうだ。


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    いや、合ってますよ。字が違うだけで。『日本の埃』叩けばいくらでも出てくるホコリ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。