雅子さま

紀子さま、秋篠宮姉妹の「人気崩落」に絶句 「今までの努力は無駄だったのですか…?」

文/編集部

国民への感謝の気持ちを語られる雅子さま

今月9日、皇后雅子さまは56歳の誕生日を迎えられた。誕生日に際してご感想の文書と映像が公開されたが、国民へ寄り添って歩まれようとする決意と、国民への感謝の気持ちなどが多く綴られていた。

【一連の即位に伴う行事を終えて】

「私も、陛下のお力添えを頂きながら、一つ一つの行事に無事にご一緒させていただくことができましたことに安堵し、嬉しく思っております」

「多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております」

「日本国内各地で出会った沢山の笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います」

ご感想の文書は格式高い文章で書かれながら、同時に雅子さまの優しさや、温かいお気持ちが感じられる内容であり、多くの国民の感動を呼んだ。

また「出会った沢山の笑顔はかけがえのない思い出」「これからの歩みを進めていく上で、大きな支え」と綴られていたことから、TwitterなどのSNSでは、「雅子さまのためにも、これからも笑顔でいようと思えた」などといった感想も書き込まれていた。

国民からの尊敬と注目を集める雅子さま

現在、多くの国民から大変な注目と尊敬を集めている雅子さまだが、このことは雑誌のアンケート結果などにも明確に表れている。

「婦人公論」(2019年10月8日号)では、「あなたが注目している女性皇族はどなたですか?」という読者アンケートの質問に対して、1位が雅子さま(56%)、2位が愛子さま(23%)、3位が美智子さま(10%)という結果が掲載されていた。雅子さまと愛子さまのお二方で約8割を占めていたのだ。また「令和の皇室で関心があることは?」の1位は「雅子さまのご体調や外交手腕」だった。

この回答は女性皇族に限定されているが、それでも現在多くの国民の関心が天皇家の雅子さまと愛子さまに集中していることを明確に見てとることが出来る。

このような結果が出た理由は様々であるが、やはり雅子さまの高潔な人格、品性、教養、そして、なにより国民のことを想い、国民と寄り添って歩まれようとする真摯な姿勢を多くの国民に認められたということではないだろうか。

紀子さまは焦り

実は、この「注目している女性皇族」のアンケート結果に大きな焦りを感じられているのが他ならぬ紀子さまであるという。秋篠宮家に近い、ある皇室関係者は次のように語る。

「これまで、佳子さまブームや、婚約発表当時の眞子さまへの注目度の高さなどもあり、多くの国民が秋篠宮家の女性皇族に大変注目しているものだと紀子さまはお考えになっていたようです。しかし今回のアンケートで、実は、ほとんど注目されていないという現実が浮き彫りになりました。

紀子さまは、眞子さまと小室圭さんの結婚トラブルが発生して以降も一家総出で数多くの公務をこなされることで、秋篠宮家の信頼と評価を回復しようと努められてきました。しかしこのアンケート結果によって、そのような地道な努力も大して功を奏さなかったとお知りになり…。記事を読まれた直後には大変ショックを受け、やっと出た言葉が“一体、今までの努力は何だったのでしょうか?”のと嘆息でした(皇室関係者)

今後、本格的に開始される皇位継承や女性宮家創設に関わる議論を前に、秋篠宮の評価の回復に取り組まれている紀子さま。やはり一度失った信頼を取り戻すことは容易ではないようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。