上皇陛下

美智子さま、紀子さま「プレゼント」にご満悦も「上皇后シフト」に関係者はうんざり

文/編集部

上皇陛下の86歳のお誕生日

今月23日、上皇陛下は退位後初めての誕生日を迎え、86歳になられた。

宮内庁によると、上皇陛下は美智子さまと共に天皇陛下の即位に伴う一連の行事を静かに見守り、天皇皇后両陛下がすべての行事を滞りなく済ませられたことに安堵し、喜ばれている様子だったという。

この日吹上仙洞御所にて、愛子さまと悠仁さまも上皇ご夫妻にお祝いの挨拶をされた。当日夜には夕食会が開かれ、天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻らが出席された。

「去年までは皇居で一般参賀が行われ、三権の長などが集まる祝宴や外国駐日大使らを招いての茶会が催されましたが、退位した今年からは行事の規模を縮小しました。

皇居で、両陛下や皇族方、それに三権の長などから祝賀を受けた後には、夜に、両陛下や秋篠宮ご夫妻などとお祝いの夕食会を開かれたようです」(皇室ジャーナリスト)

紀子さまから美智子さまへ意外なプレゼント

この夕食会で、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻は上皇陛下へお祝いの品を送られたが、上皇陛下へのプレゼントの他に、紀子さまは上皇后美智子さまにもお祝いのプレゼントを送られたそうだ。その中身は意外なものであったという。

今回の上皇陛下のお誕生日を祝う夕食会の席で、紀子さまは美智子さまへ海外の高級ブランドのバッグを送られました。

これまで、美智子さまと紀子さまは、公式の場でお使いになるバッグは、すぐれた日本製品を世界に知ってもらいたいというお考えのもと国内ブランドを愛用されておりました。

しかし、上皇陛下の退位以前から、美智子さまはいつか海外のエルメスやフェラガモなどの海外の高級ブランドのバッグもお使いたいとお考えであったようです。

現在、美智子さまは公式の場からは退かれた身として、周囲の目を気にすることなく海外産のブランドバッグをお使いになれますから、紀子さまのプレゼントにも大変喜ばれていたようです(皇室関係者)

ただし、どこのものかは簡単にわからない配慮もされており、具体的にどのブランドのバッグであったかは分からないという。

再び、美智子さまに接近される紀子さま

上皇陛下の退位以降、雅子さまとの仲を深めてこられた紀子さま。美智子さまを尊敬し、美智子さまのご公務に対する姿勢なども踏襲されてきた紀子さまであるが、最近では、雅子さまとの仲が急接近し、一部週刊誌報道等では「雅子さまシフト」などと揶揄されることさえあった。

しかし、現在では、再び美智子さまとの関係を非常に重視されているという。先の皇室関係者は次のように語る。

「将来、何が何でも悠仁さまを天皇に即位させたいと考えている紀子さまは、なんとか美智子さまの協力を得たいと考えており、現在では、再び美智子さまとの関係を深められているようです。

おそらく、今回の美智子さまへのプレゼントも美智子さまのご要望を大変良く調べられてのことだったのでしょう。

上皇陛下が退位されて以降も、やはり上皇ご夫妻は皇室内で大きな影響力を持たれており、紀子さまは今後確実に悠仁さまに皇位を継承させるために、上皇ご夫妻、時に美智子さまと良好な関係を維持することが不可欠とお考えであるのかもしれません(前出の皇室関係者)

皇族の方々が良好な関係を保たれていることが、皇室や日本にとって良いことであることは間違いない。

しかし先の皇室関係者によると、この紀子さまのあからさまで過剰なまでの美智子さまへのご配慮に一部の関係者は辟易し「再美智子さまシフト」「(雅子さまシフトからの)逆コース」などと揶揄されてもいるという。

皇室ニュース「こうろぜん」
美智子さま、ローマ教皇から「ロザリオ」を送られて喜ばれる – 皇室ニュース「こう…
https://kourozen.com/archives/821
文/編集部 天皇陛下、ローマ教皇と会見 25日、天皇陛下は皇居で来日中のローマ教皇フランシスコと会見された。今上陛下が教皇と会われるのは初めてである。陛下は宮殿の南車寄せで教皇を出迎えると、スペイン語で「日本へようこそ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。