紀子さま

紀子さま、悠仁さま「春飾り」を絶賛 「まさに、日本が誇るダ・ヴィンチですね!」

文/編集部

悠仁さまの盆栽「春飾り」を初公開

今月2日、宮内庁は秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまが作られた新春の盆栽「春飾り」の写真を初めて公開した。現在、秋篠宮家が行事の際に使用している東京・元赤坂の赤坂東邸に飾られている。

同庁皇嗣職によると、悠仁さまは、就学前からここ10年近く「春飾り」づくりに取り組まれているという。昨年12月に皇居を訪れ、同庁職員の指導を受けながら、秋篠宮妃紀子さまとともに白い化粧砂を敷いたり、コケを張ったりするなどの作業をされた。

「これまでも、悠仁さまが作られた美術作品や工作などが公開されたことが何度かありましたが、小学生時代から子供が作ったとは思えないような精度の高い作品をいくつも作られており、ネット上でもたびたび評判となっております。

今回、公開された“春飾り”も大変優れた作品であり、インターネット上では、“素晴らしい”“とても中学生が作ったとは思えない”といった称賛のコメントが書き込まれました。

また同時に、なんと3歳の頃から“春飾り”の作成に取り組まれていたという早熟な才能にも驚きの声が上がっております(皇室ジャーナリスト)

紀子さまも絶賛の出来栄え

今回の「春飾り」は悠仁さまが職員らと共に作られた作品であるが、完成された作品をご覧になった紀子さんはその出来栄えに大変喜ばれ、称賛されたようだ。秋篠宮家に近い関係にある皇室関係者は次のようにその様子を語った。

「紀子さまは、完成された“春飾り”の出来栄えに大変満足なさったようで、“この春飾りは、大変優れた出来栄えですので、是非写真を撮って公開しましょう”と仰られました。

また、作品を作られた悠仁さまのことも大変お褒めになられ、“悠仁はまさに、日本が誇るダ・ヴィンチですね!”と感激の言葉を口にされました。

紀子さまに褒められた悠仁さまも満足げな様子で、紀子さまや職員らと共に完成された作品の様子をしばらく眺められていたようです」(皇室関係者)

悠仁さまの教育に熱心に取り組まれる紀子さま

現在、紀子さまは悠仁さまの教育に大変熱心に取り組まれているという。特に、将来に向けての「経験」を積ませることを重視されており、今回「春飾り」の制作に取り組ませたこともそのような教育の一環であったようだ。

また、現在の象徴天皇制のもとでは、いかに人柄や人物像を国民に知ってもらうかが重要な意味を持つ。そのため、紀子さまは、悠仁さまの姿やお人柄がもっとメディアを通じて伝えられることを望まれている。

今回、悠仁さまがつくられた「春飾り」を公開したことも、国民に悠仁さまに対してより親しみをもってもらいたい、というお気持ちがあってのことだったのかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。