海外王室

ヨアキム王子とマリー王女の飼いだした「愛犬セリーズ」が可愛いと話題に

ヨアキム王子とマリー王女の新しい愛犬セリーズ

この夏、ヨアキム王子とマリー王女ご家族は、セリーズと呼ばれる新しい愛犬を飼いだしました。デンマーク王室は、公式のInstagramアカウントでヨアキム王子ご家族の新しい愛犬と一緒撮られた写真を投稿しました。

新しい愛犬の品種は「ビション・フリーゼ」で名前は「セリーズ」といいます。セリーズはフランス語で「チェリー」(さくらんぼ)を意味します。デンマーク王室は果物にちなんだ犬の名前を付ける伝統をお持ちです。二人が以前に飼われていた犬の名前は「アップル」(りんご)という名前でした。

王室が投稿されたセリーズの画像

愛犬セリーゼの姿に対して「可愛すぎる犬」「欲しい〜」「なんなんだこの可愛い犬は」などといった称賛の声が上げられています。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。