海外王室

レティシア王妃「美しすぎる」サルスエラ宮殿での就任式が話題に

フェリペ王とレティシア王妃はスペイン障害者代表委員会の代表者に就任

2019年9月3日にスペイン王フェリペ6世とレティシア王妃は二つの就任式に出席しました。就任式はマドリードのサルスエラ宮殿で行われ、二人は CERMI(スペイン障害者代表委員会)の代表、そしてテレビ芸術科学アカデミーの理事会のメンバーに就任されました。

スペイン障害者代表委員会は、国内の5500を超える障害者団体で構成する中核障害者団体です。またテレビ芸術科学アカデミーは、テレビの普及促進と発展を目的とする組織となります。

レティシア王妃の就任式のお姿

ドレス姿が美しすぎると称賛の声があがる

レティシア王妃の就任式でのお姿に称賛の声があげられています。着用されたドレスはマジェ(Maje)からの新作でお値段は約2万5千円、そしてキャロリーナ ヘレラ(Carolina Herrera)のパンプスお値段は約2万円でした。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。