紀子さま

紀子さま、寂しき「お誕生日会」 参加者「職員4名のみ」の悲劇 眞子さま佳子さま自室に

秋篠宮家の崩壊

秋篠宮ご一家の不仲が報じられ続けている。

眞子さまとご両親の会話は無くなり、佳子さまは堂々と父・秋篠宮殿下の方針に逆らっている。悠仁さまは反抗期に入り、紀子さまとのコミュニケーションがうまくいっていないというニュースが目に付くようになった。

また夫婦仲も危機だ。先の欧州訪問では、秋篠宮殿下が紀子さまの腕組を拒否する場面があった。秋篠宮殿下は深酒されることが多くなり、夫婦間の隙間風は季節の移ろいと連動するかの如く寒さを増している。

そんな中、最も危機的状況にあるのは紀子さまで間違いないだろう。9月11日に誕生を迎えた紀子さまだが、皇室内で孤立を深めている。

メディアやネットから批判を受け、弱気になった紀子さまが眞子さまの結婚容認を漏らされとスクープされ、秋篠宮殿下の逆鱗に触れた。この影響だろうか、美智子さまの手術のため吹上仙洞御所に一人残された上皇陛下を励ます面会に、なぜか紀子さまは同行されず、関係者の間では緊張感が走ったという。

誕生日当日には、秋篠宮邸で天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下を交えて赤坂御用地で夕食会を開かれたため、関係者の間で安堵感が広まったのも束の間、その夕食会も「重い空気」に支配されていたという。

美智子さま手術日は、紀子さまの誕生日にあてられた?

紀子さまが孤立を深めているのは誰の目にも明らかだ。とりわけ上皇陛下と美智子さまとの間にできた溝は根深く容易にし得ない問題だ。

「紀子さまは、眞子さまの結婚問題について、ご裁可を与えた上皇陛下と美智子さまにも“責任”があると考えています。佳代さんの金銭トラブルが明らかになるや、公に対して沈黙を守り続けている上皇ご夫妻に対し、紀子さまは大変なご不満をお持ちです。『秋篠宮家から破談の宣告をするのはなく、まず上皇家がご裁可を取り消してほしい』と思われているようです。この紀子さまのご意向に、美智子さまは大変不快感を示されていました。そのあたりの経緯が、お二人の不仲の元凶になっています」(宮内庁関係者)

かつては蜜月と言われたお二人であるが、それはもはや過去のことのようだ。美智子さまは人気急上昇中の雅子さまに歩み寄られているという。

だからだろうか、ネット上の、とりわけ秋篠宮家推しのブログなどでは「美智子さまは自分の手術日を、あえて紀子さまの誕生日近くにした」という声が聞こえるようになった。これだけ聞くと陰謀論のようにも響く。だが「お誕生日会」をめぐるやり取りを知ると、陰謀論とも言えない何かを感じずにはいられない。秋篠宮は家のオクに通じる関係者は次のように言う。

「毎年、誕生日が近づきますと、オフィシャルなお祝いとは別に、紀子さまらの友人らを呼び宮家内でパーティを開くのが通例です。ですが、今年は美智子さまの手術と日が近いため、このパーティを中止することになりました」(秋篠宮家関係者)

だが、あまりにも紀子さまが不憫なため、オクを担当する職員数名でケーキを買い、極々身内だけで誕生日を祝うことになったという。

「ですが『何もしない』というわけにもいきません。そこで都合のつく職員がケーキを用意しない内でお祝いをすることになりました。

当日は、正規の催しではないことや、多忙な職員も多かったため、都合のつく職員4名だけがこれに参加しました。毎年の華々しさとは異なり、あまりに質素なパーティになってしまったので、紀子さまに申し訳ないとも感じましたが…。ですが、やらなければそれも失礼に当たり、厳しいご指導覚悟で開催しました(同前)

眞子さま佳子さまは部屋の中…

ささやかな誕生日パーティとなってしまったため、企画した職員たちは厳しいご指導を覚悟していたが、意外にも紀子さまは喜ばれたという。

「秋篠宮家の他の方々にも声を掛けましたが、あいにく殿下と悠仁さまは外出予定とのこと。眞子さまと佳子さまには私室に内線で連絡しましたが、お返事はいただけませんでした。

職員たちのささやかなパーティにもかかわらず、紀子さまには思いのほか喜んでいただけたようで、とても安心しました。お誕生日に公表する文書の反応などを大変気にされていましたので、心和まれたのでしょう。辛いことも多いかと思いますが、なにとぞ無理なく過ごしていただきたく思います」(同前)

あれだけいつも厳しく接していても、祝ってくれる職員がいる――。この事実は紀子さまに「味方がいる」という安堵を与えたことだろう。果してこの安心が「眞子の結婚を許しても、味方はいる」という思いに繋がるかどうかは、延期期限の2020年2月までに明らかになる。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。