紀子さま

紀子さま「お誕生日会」を、眞子さま佳子さまが「欠席」! 「結婚問題をうやむやしないで!」と抗議か

紀子さま53歳のお誕生日

秋篠宮妃紀子さまは11日、53歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち宮内記者会の質問に文書で回答を寄せた。文書では、紀子さまご自身やご家族の近況が中心に述べられていた。

また、現在問題となっている眞子さまのご結婚に関しては、「延期のことも含め、現在、長女はさまざまな思いを抱えていると思います」「現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います」と述べるにとどまり、事実上の無回答状態が続いている。

「眞子さまのご結婚問題に関して、今年6月に開かれた欧州訪問前の会見においても、秋篠宮殿下が“娘から結婚の見通し聞いておりません”と発言したことで、物議を醸しました。

また、今回の紀子さまの文書においても明確な回答を避けられており、やはり一部では不満の声があがっているようです(皇室ジャーナリスト)

渦中の中にあるとはいえ、あまりに無難すぎて他人事な文章が秋篠宮ご夫妻から相次いで発表されたため、批判が高まっている。だが、かといって、単純に破談を宣告するわけにも、佳子さまように結婚を直接応援するわけにもいかず難しい立場に追い込まれているようだ。

赤坂東邸にてお誕生日パーティー

また、同日には、上皇ご夫妻が紀子さまの誕生日お祝いの夕食会に参加するため赤坂東邸を訪問された。午後6時半頃、上皇ご夫妻を乗せた車は赤坂御用地の巽門を通過。この夕食会には、天皇、皇后両陛下も参加し、ご歓談された。

ある皇室関係者はパーティーの様子を次のように語った。

「パーティーは、和やかな雰囲気の中行われました。天皇皇后両陛下も、参加されておりましたが、特に雅子さまが手術が終了し退院したばかりの美智子さまや、週刊誌などとで激しいバッシングを受け憔悴しきっているとも噂されている紀子さまに対して、大変細やかな気遣いを見せ、盛んに優しい励ましの言葉などをかけておられる姿が印象的でした。

ただ、心配なのが眞子さまと佳子さまがパーティーに出席なさらなかったことです。少しだけ顔を出して自室に戻られ、実質的に“欠席”です。悠仁さまや愛子さまは、未成年ということもあり、お酒の振舞われる夕食会に参加されなかったことも分かりますが……」(皇室関係者)

秋篠宮家の隔絶は、お祝いの場ですら隠せないらしい。




姉妹の夕食会欠席は抗議の意思表明?

この眞子さまと佳子さまの夕食会欠席には、眞子さまのご結婚問題に関してはっきりとした態度を示さないご夫妻への抗議の意図が込められているのではないかと、先の皇室関係者は語る。

もちろん、眞子さまは大変ご多忙な身ですから、どうしても予定を調整することが出来ずにやむなく欠席されたということをあり得るかもしれません。

ですが、やはり佳子さまと揃ってご欠席されたことには、その背景に何らかの意図が存在するとみるべきでしょう。

以前から、眞子さまは未だご結婚への意思は固く、また佳子さまも姉の眞子さまのご結婚に関してかねがね応援をしています。そのようなご姉妹からすると、秋篠宮ご夫妻の結婚に関して曖昧な態度を取り続ける姿勢に不満を持っていることは間違いありません。

もしかするなら、今回眞子さまと佳子さまが姉妹揃って夕食会に欠席されたことには、このようなご夫妻の態度に対する抗議の意味が込められているのかもしれません(前出の皇室関係者)

2018年2月には、眞子さまと小室圭さんのご結婚の延期が発表され、2020年までの延期が決定されたが、すでに延期が約束された期限までそれほど先は長くない。今回の眞子さまの夕食会ご欠席は、このように約束の期限が迫っている状況で、曖昧な態度を取り続けるご夫妻に対するせめてものささやかな反発の意図を示す意思表示であったのかもしれない。

(編集部)

https://kikunomon.news/article/8418

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。