皇室

皇室は「水銀」を子供に塗っていた 外国人がビックリした「奇習」(宮本タケロウ)

側室制度の廃止

宮本タケロウ Twitter

かつての皇室には側室の制度があり、皇后が男子を産まなくても側室が男子を産みさえすれば皇統が保たれる状況でした。

これを理由に「皇統が男系で続いたのは側室制度があったからだ」とよく主張されます。 例えば神道学者の高森明勅氏は皇室の側室制度が廃された経緯や現在の社会通念から、側室を認めて男系を維持するなど考えられないと述べています。

明治の皇室典範では「庶出(非嫡出)子孫にも皇位継承資格を認めていた。 しかし、昭和天皇はそれを事実上、無効にする女官制度の改革を断行された。側室制度を廃止されたのだ。(中略) 側室制度を復活させたり、皇室典範を改正して非嫡出子孫にも皇位の継承資格を認めたりする事は、およそ想像し難い。

ゴー宣道場、高森明勅ブログ「 昭和天皇の「女官制度」改革 」2018年9月10日

生れた子供の9人中8人は死ぬ…

確かに、明治天皇のお子様は15人中10人が夭折か死産していますので、過去の皇室において男系継承を実施するために側室は必要でした。

関連記事:愛子さまは本当は生まれていなかった!?

しかし、実は1888年を境に明治天皇の皇子女の夭折・死産率が激減しているのも事実です。

1887年以前は、なんと9人中8人が死産・夭折し、たった1人(1879年生の大正天皇)しか成人しなかったのに対し、1888年以降に生まれた皇子女は6人中4人が成人しています。

この違いはなぜでしょうか? 

調べてみると、側室制度と明治の宮中の驚くべき実態が分かりましたので紹介します。

女の嫉妬は世界一醜い

大正・昭和に活躍した評論家山川菊枝は内廷に仕える命婦から伝聞した話をこのように述べます。

皇后が病身で子がないことから、誰が皇子を産むかが問題で、女官に子供が出来ても無事に産めないように、朋輩があらゆる妨害を加えることは、『源氏物語』の時代そっくりらしく明治天皇に幾人皇子があってもただ一人のほか育たず、その一人も病弱だったのは不思議ではないという

山川菊枝『女二代の記』日本評論新社 、1956年

子供を無事に産めないように…とは恐ろしい…怨念を感じます。

また、鍋島侯爵家出身で皇室に嫁いだ梨本宮伊都子はこう回想します。

明治の御代は、お子様がお腹にいらっしゃる時でも、お生母さんはお勤めをしなければならなかったのです。妊婦ともなれば、節制ある生活をしなければならないのに、お勤めがおありになるから、ご自分の身体のことばかりかまっていられません。そこで体の養生が悪いのです。生まれたお子様も発育が悪く、その上に健康管理も行き届いていなかったのでしょう

梨本伊都子『三大の天皇と私』講談社、1975年

妊娠中も公務をしなければバッシングされる現代の皇室にも何となく似ていますね。

子供の養育法も大問題、お雇い外国人医師ベルツも涙目…

妊娠中もこんな状態でしたが、明治時代は産んだ後の養育法も大問題でした。

明治時代のお雇い外国人で日本医学の発展に貢献したドイツの医学者エルヴィン・ベルツは、皇室ではありませんが、仙台藩主伊達家の病児を診察したときの様子を日記に書いています。

この児は至極虚弱に発育し、きゃしゃで、りこうだが、癇が強く、これは極度に愚劣な甘やかしによるところが多い。十数人という男女の召使が、子供をなでたり、さすったりするよりほかは何もせず、(中略)子供にとって危険至極というほかはないような騒ぎを演じている。これが、従来すべての大名の子供の教育であった

ベルツ・トク編『ベルツの日記(上)』岩波書店、1951年

子供が病気でもなでたり、さすったりするほかは何もしなかったようです…

子供に水銀・鉛を「飲ませて」いた明治時代の皇室

極めつけは、これです…

明治時代までの宮中や旧公家・大名の家では女性は白粉(おしろい)を化粧に使っていましたが、この白粉の原料が水銀や鉛だったのです。特に高級な京白粉主成分:鉛)や伊勢白粉主成分:水銀)が宮中では用いられました…水銀は水俣病の原因ですので、子供に毒を盛っていたのと同じです…

禁裡院中の女性がもっぱらこれ(白粉)を用いたから、皇子女の脳膜炎様病症は、白粉から母親の体内に入った鉛毒・水銀毒が母体の胎盤をとおして胎児に吸収され、あるいは授乳者の乳を飲み乳首周辺の肌に触れることで鉛毒が乳児の体内に吸収されて起こったと推定される。

森岡清美『家族社会の家戦略』吉川弘文館、2002年

妊婦さんが水銀含有率の高いマグロを食べてはいけないのは皆知っていると思いますが、明治時代の皇室はむしろ水銀を体に塗りたくって、子供に「飲ませて」いたようです…

明治宮廷に奉仕したドイツ貴族モールはこう記します。

昭宮猷仁親王(大正天皇)が歯と関連のある脳の病気、脳膜炎にかかられた。皇太子明宮を除き、天皇のすべての皇子がこの病気で亡くなられているこの病気は日本の高位の貴族の家系に秘められた悲惨な伝統である。

実にこの病気は日本の平民の間ではなく、とくに五摂家や大名家に多く発生している。

オットマール・フォン・モール『ドイツ貴族の明治宮廷記』金森誠也訳、講談社、1988年

ドイツ人の目に、明治の宮廷が奇怪な病気に冒されていたように見えたのも無理はありません。白粉が鉛毒をもたらし、脳膜炎を発生するということが初めて学術発表されたのは1924年(大正末)のことでした。

こんな状況でしたので、明治天皇の夭折した子女はみな脳膜炎であり、唯一男性で成人した大正天皇自身も誕生後すぐに脳膜炎にかかり、結果病弱な体となってしまいました…

1888年にやっと改善される

この様な状況の中、1888年なってようやく皇室の養育法の改善について、陸軍軍医総監橋本綱常や天皇の侍医から「宮中の外で養育すべし」との意見書(『養育要綱五条』)が出されます。

当時の侍従の藤波言忠も「従来の御養育の法、徒に尊重に過ぎて自然に反すること多きを指摘し、速やかに委員を設けて改善の法を講じ、深宮に於て女官に一任するの因習を一洗せられんこと」を奉請して、天皇の子供を、白粉などの宮廷習慣のない下級武士出身の武家華族夫婦に養育させるようになりました。

それ以降、1888年に生まれた昌子内親王の養育が佐々木伯爵家に託され、以後踏襲されます。昭和天皇も川村純義伯爵家(薩摩藩士)で育ったのは有名です。

養育方法の改善がなされた結果、1888年以降に生まれた明治天皇の子供は6人中4人が無事に成人されました。

側室が必要だったのは、子供に水銀を「飲ませて」いたから

お分かりですね?

側室がいてもなお、側室同士で足の引っ張り合いをし、水銀や鉛を「飲ませて」いたのがかつての前近代の宮中の実態でした。

側室が必要だったのは産婦人科医療の遅れだけではなく、水銀や鉛の入った白粉の多用や女の嫉妬もその理由だったのです。

てか、明治の皇室が白粉さえ使ってなかったらさ、大正天皇の兄弟が何人もいただろうし、大正天皇の弟宮家の子孫が今の時代にも5、6人くらいちゃんといたんじゃね!!!?


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。