紀子さま

紀子さま、小室圭さん批判報道を牽制!「秋篠宮家を守るため」報道規制も発令

文/編集部

大手メディアが次々と小室圭さんに謝罪表明

現在、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんは結婚延期状態となっているが、昨年の12月には、大手メディアがその小室圭さんに対して次々に謝罪と報道内容の訂正を行うという奇妙な事態が発生した。

「フジテレビ」「Mr.サンデー」では12月8日に三田友梨佳アナウンサーが「小室さんサイドが借金問題については解決済みであるということを文書で発表したとの発言が出演者からありました。しかし、これは誤りで、そうした主張はありません」と頭を下げた。

「あさチャン!」(TBS)や「バイキング」(フジテレビ)でもほぼ同様の訂正がなされたが、各社が、こうしたお詫びと訂正を行った背景には小室さんの代理人である上芝直史弁護士から強い要請があったようだ。

小室圭さんは昨年1月に400万円の金銭トラブルに関して、「問題は解決済み」とする文章を発表しており、報道各社もそのように報じた。

しかし、現在小室圭さんの側は「(母・佳代さんと元婚約者の金銭問題は)解決済みの事柄であると理解」という部分ばかりを強調したことは問題だとして、その後の「今も感謝しており、今後は元婚約者からご理解を得られるように努めたい」とする部分を強調して報道すべきだし主張し、マスコミ各社に対して謝罪と訂正を求めたようだ。

小室圭さんのやり方に反発も

小室圭さんが発表した文章は全文が公表されているが、文章の大半は、借金問題は「解決済み」であることの説明に割かれており、文章のどの部分を強調して報じるかは報道各社の自由であって、上芝弁護士の主張は不当であるとする声も多い。

とはいえ、TV局の側にも小室さん側の主張する謝罪要求を受け入れざるを得ない事情があったようだ。

「小室圭さん側は、暗に謝罪と訂正を行わなければ今後小室圭さんが行う会見に出入りさせないという圧力をかけてきたようです。2月に結婚に関する重大な発表があるとされていたため、このような脅しをかけられた状況で要求を飲まざるを得なかったのでしょう。

それから、もう一つは、小室圭さんが抗議文を送ることを事前に知った紀子さまが、宮内庁を通じてTV局に“可能な限り誠実な対応を求める“ことを伝えられたということもあります。

このような様々な圧力を受けて、メディアの側も屈せざるを得なかったというのが実情のようです」(秋篠宮家に近い皇室関係者)

とはいえ、現在このように半ば強引にTV局に謝罪を迫るような小室圭さんのやり方に反感を持つ者も多いようだ。

今後、ますます強まる報道圧力

今回、紀子さまは小室圭さんの味方につき、メディアに対して圧力をかけるサポートを果たしたことになるが、今後小室圭さんの報道に関して紀子さまからの圧力が強まることはほぼ間違いないだろう。

「これまで、紀子さまは眞子さまのご結婚に反対されてきましたが、どれほど反対しても一切意思を曲げるつもりのない眞子さまのご様子をみて、現在では説得諦められたようです。

ただ、紀子さまとしては、眞子さまと小室圭さんのご結婚が成立することで秋篠宮家に対する批判が強まることはなんとしても避けたいとお考えのようですから、今後は小室圭さんに関して批判的な報道を行うメディアには容赦なく圧力をかけていく可能性もあります。

結婚に関する発表が行われるのは“立皇嗣の礼”が行われる4月以降とみられていますが、その頃にはメディアの論調は一変し、“小室圭さんは女性皇族と結婚するのに相応しい素晴らしい人物だ”と称賛する報道一色となっているかもしれません」(前出の皇室関係者)

こういった報道に対する圧力に関して、紀子さまは「秋篠宮家を守るためです」と仰っているという。

秋篠宮殿下は一昨年行われたお誕生日会見にて、眞子さまと小室圭さんのご結婚を実現するためには、「多くの国民の納得と祝福」が必要であると述べられたが、今後は、それを実現するために、大手メディアを中心になりふり構わぬ情報操作が行われていくかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。