眞子さま

「太り過ぎたら小室さんに捨てられるよ?」佳子さま「ダイエット提案」に眞子さま号泣!

文/編集部

陛下の健康に配慮される雅子さま

今月23日、天皇陛下は60歳の誕生日を迎えられた。、誕生日に先立って行われた即位後初の記者会見にて、陛下は「もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」とユーモアを交えながら今後の歩みへの意欲を示された。

昨年、59歳という史上2番目の高齢にて即位された天皇陛下だが、日ごろからご健康にも気を使っていらっしゃるようだ。

陛下は太りやすい体質ということもあり、現在では甘いものは控え、大変お好きであった日本酒も、最近は特別な場合以外ではほとんど飲まれない。

今は、糖質を含む一方醸造酒を日本酒を控え、糖質ゼロの蒸留酒である焼酎をもっぱらお飲みになられているという。

このような健康管理の陰には、雅子さまのご助言があるようだ。ご一家のお食事は、雅子さまと料理番である大膳が協議しながら決めている。

会見で「私もできる限り雅子の力になり、支えていきたい」と語られた陛下であるが、健康管理では、もっぱら雅子さまの助言に支えられているようだ。

眞子さまにダイエットのアドバイスをされる佳子さま

天皇家では、天皇陛下が雅子さまのアドバイスに耳を傾け、ご健康に気を使って過ごされているようだが、秋篠宮家では佳子さまが眞子さまに対してしばしばダイエットを勧められているという。

「佳子さまは、現在定職に就かれておらず、ストレスの少ない生活を送られている上に、週に何度もダンスのレッスンを受けておりますから、スリムな体型を維持されており、お身体も健康そのもののようです。

一方、眞子さまは定職に就いた上で様々な公務をこなされるなど、多忙な毎日を過ごされているため運動不足になりがちです。

また、ご結婚問題のトラブルによるストレスなども関係して、しばしば食べ過ぎてしまうこともあり、体重の増減が激しいようです。

そのため、佳子さまはしばしば眞子さまに対して食事制限などのダイエットを行うよう勧められているのですが、そのアドバイスが時に口論の種となることもあります。

ある時など、佳子さまが“あんまりブクブク太ると小室圭さんに捨てられちゃうよ?”と仰ったのですが、その一言に眞子さまは大変ショックを受けられたようで、突如号泣し、“圭君は少しふくよかな方が好きって言ってたもん!佳子は分かってないよ”などと言って口論となることもありました(秋篠宮家に近い皇室関係者)

情緒不安定な眞子さま

普段は温厚な性格の眞子さまであるが、小室圭さんのことについて何かを言われると人格が豹変し、突如喚きながら相手に罵詈雑言を浴びせるられることもあるという。

先の口論では、佳子さまに対して「あんたなんか、偉そうにしてても所詮いい歳して恋人もいない独り身の無職女じゃない」などと仰られたために、その後は大変激しい口論となったそうだ。

近いうちに、小室圭さんとのご結婚に関して何らかの発表をされる予定の眞子さまであるが、果たしてどのような発表をされるおつもりなのだろうか。あまり熱くならずに、冷静になって発表内容を考えて欲しいものだが……。


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    タケロウなんて、誰にも相手にされてないよ〜。自意識過剰だな。
    たった独りで 思い上がってるんだなぁ。ホントに哀れな奴。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。