上皇陛下

皇居を出られる美智子さま「これからは雅子さんが皇室の中心ね」上皇后の潔さに職員感動

文/編集部

ついに皇居からのお引越し準備が完了

今月13日、宮内庁は上皇ご夫妻が19日に皇居・吹上仙洞御所を退去されると発表した。上皇ご夫妻はご静養も兼ねて葉山御用邸(神奈川県葉山町)と御料牧場(栃木県高根沢町)に滞在した後、31日に帰京し、仮住まい先となる高輪皇族邸(東京都港区)に入居される。

譲位した天皇の御所は「仙洞御所」と呼ばれるが、借り住まいとなる高輪皇族邸は上皇ご夫妻のご入居後は「仙洞仮御所」と呼ばれることとなり、最長1年半、過ごされる。

また、天皇ご一家が現在お住まいになられている赤坂御所は、ご一家が皇居内に転居された後、上皇ご夫妻のお住まいへと改修される。上皇ご夫妻の転居に合わせ、名称は「仙洞御所」となる。

「代替わり後、速やかに行われる予定であった上皇ご夫妻のお引越しですが、膨大な量のお荷物の仕分けなどの準備に時間がかかったことや、共にご高齢である上皇ご夫妻の体調面でのトラブルなどもあり、大幅に予定が遅れることとなってしまいました。

皇居とは文字通り“天皇の住む場所”ですから、その皇居に引退されたはずの上皇ご夫妻がいつまでも住み続けていることに批判の声が上がることもありました

そのような経緯もあり、ご夫妻に仕える上皇職の者たちはお引越し準備が完了したことに、大変ホッとして胸を撫でおろしているそうです」(皇室ジャーナリスト)

皇室の未来を雅子さまに託される美智子さま

19日に退去することが正式に決定した際、美智子さまは大変感慨深い様子で今後の皇室についての想いを語られたという。上皇ご夫妻に近い皇室関係者は次のように語る。

「職員から19日に退去することが告げられた際、美智子さまは“これでいよいよ雅子さんが皇室の中心になるのね”と仰られました。

すでに上皇陛下は退位され、代替わりが行われておりますが、やはり皇居に住む者こそが皇室の中止であるという想いが美智子さまの中におありだったのでしょう。

これまで皇室を支えてこられた美智子さまですが、その重圧から解放されることでホッとしたご様子を見せられると同時に、これまで大変な重要な役割を担われてきたこと、そして、その役割を雅子さまへとバトンタッチすることに大変深い満足感を抱かれていたようでもあります」(上皇ご夫妻に近い皇室関係者)

代替わり後からこれまで、二重権威などといった批判を受けてこられた美智子さまであるが、今回皇居を離れられる際に見せられたこのような「雅子さまに後のことを任せよう」とされる潔い姿勢やお言葉に対して、職員らは大変感銘を受けた様子だったという。

安らかな日々を

皇居にある膨大な量のお荷物の仕分けに時間がかかったために、お引越し準備には時間がかかったが、高輪皇族邸ではすでに両陛下を準備は万全に整っている。

これまで、二重権威や、雅子さんいじめなどといった疑惑や批判が起こり、大変なショックを受けてこられた美智子さまであるが、皇居という皇室の中心から退かれることで、おそらく、そのような批判の声も収まっていくことだろう。

どうか上皇ご夫妻が、今後新天地での生活により、心安らかな日々を過ごされることを願いたい。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。