佳子さま

佳子さま「税金くらい払っています!」 “国民の怒り”に「不満爆発」

文/一条あやか

宮家と天皇家の違い

天皇家と宮家とでは、予算などについて天と地ほどの差がある。

天皇家は完全に「公」のものであり、その活動・運営の予算は全て国民の税金で賄われる。そして公務などをこなしても一切「謝礼」を受け取ることはない。「天皇に“私”なし」とはよく言ったものである。

一方、宮家は一般に知られる以上に「私」が認められている。そもそも宮家には税金から「皇族費」が支払われているが、そもそもこの「皇族費」は、「それだけで宮家が生活していけるもの」として設定されているわけではなく、宮家は独自活動でお金を稼ぐことを前提にしたものだ。ゆえに、現在ある宮家は、その活動を通して謝礼金やお車代などとして収益を得ていることは夙に知られる。

かつて高松宮家や寬仁親王家は、競輪の宮杯の“名義料”として年1000万円以上もの現金を10年以上にわたって受け取っておきながら、これを宮内庁にも税務所にも申告しておらず物議を醸したことがある。これが一般人だったならば、国税局が立件するレベルの事件だ。だが、宮様特権のおかげか、この事件は闇に葬られてしまった。

[adsenes]

不透明な宮家のお財布事情

このように宮家は「私的な経済活動」が認めらておきながら、宮家という「やんごとなきお立場」ゆえにお財布事情はかなり不透明なままだ。

だがすでに述べたように、宮家が「私的な経済活動」をして「お金を稼ぐ」ことは自体は許されている。この点は十分に考慮しなければならない。

だが、❶宮家の減少と共に、公務の活動が重要な位置を占めてきたこと、❷皇族費が当初よりもかなり増額されたこと、❸そしてなにより筆頭宮家の秋篠宮家が次の天皇家になる可能性が高いことなどから、宮家にも「高い公性」が求められるようになってきている。

皇室は「究極のイメージ産業」

皇室は「究極のイメージ産業」であり、税金から皇族費・内定費が捻出され活動している以上、不透明なお財布事情は国民から強い批判を浴びる。これは、天皇家でも宮家でも同じである。

上皇陛下と美智子さまは最終的に旧東宮御所(現赤坂御所)に引越しをご希望だ。本来ならば上皇ご夫妻は高輪皇族邸に引退いただき、秋篠宮家が旧東宮御所(現赤坂御所)に入ればそれで済む話なのだが美智子さまの「強いご希望」を叶えるため、皇嗣となる秋篠宮家が使う宮邸を新たに建築する必要に迫られた。

しかもこの“新秋篠宮邸”は総額43億円もかかり、チタン屋根など贅が尽くされる予定となっている。さらに、上皇ご夫妻の引越しは未だに全く進んでいない。この「引っ越し問題」を受けて、上皇家と秋篠宮家は国民から強い批判を浴びている。

秋篠宮家が批判を浴びる原因はこれだけではない。最大懸念は眞子さまと小室圭さんの結婚延期問題は、先行き不透明なままであることに国民の感情は険しい。さらに佳子さまが、眞子さまの「個人の希望」を応援したことは国民の反感を煽る結果となった。

紀子さまが佳子さまをご叱責

現在、秋篠宮家は一家全員が国民から批判を受けている状況だ。この苦難を最も案じているのは紀子さまであるという。秋篠宮家のオクに通じる関係者は次のように語る。

「紀子さまは、悠仁さまを未来の天皇とするために粉骨砕身しておられます。ここ最近の『何をしても批判を受ける』状況を大変危惧しておられます。家族会議を頻繁に開かれて綱紀粛正を呼び掛けていらっしゃいます(秋篠宮家のオクに通じる関係者)

ここ最近の家族会議の議題は、最大懸念の眞子さま結婚問題ではなく、佳子さまのダンスだという。つい先日、佳子さまはヘソを出しながらダンスしている様子を盗撮されたばかりだ。

「眞子さまと小室圭さんの結婚問題は一朝一夕で解決できるものではないという認識が広まっています。むしろ、身近な佳子さまのヘソ出しダンスが議論に上がっています。

紀子さまが仰るには『宮家は税金で運営されています。ダンスなどの私的活動は国民の理解が得られる範囲に抑え、皇族として気品のある生活しなさい』とのことです。これに対して佳子さまは大語で『私だって税金を納めています! 買い物をすれば10%の消費税を払っています! 払うもの払っているんだから、いちいちダンスに文句を言うな! 自由して当然!』と反論されていました…。

お互いに感情的になり議論がかみ合っていない状況でした。ここ最近の喧嘩はこんなような内容ばかりで…」(秋篠宮家のオクに通じる関係者)

「消費税を払っているのだから、私のダンスに文句を言うな」という叫びは果して国民に届くだろうか? 宮家として自由気ままに過ごしてきたころの生活が懐かしいのであろう。佳子さまの「ダンス」を求める戦いは今もなお続いている。

また、関係者の話によれば、このような家族会議が開かれても、秋篠宮殿下の参加率は極端に低いという。大黒柱不在の秋篠宮家は何処に暴走しようとしているのだろうか?


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。