眞子さま

小室圭さん、紀子さま「抗議電話」で涙目! NYで「ナンパ三昧」が命取りに

文/編集部

小室圭さん、NYでの優雅な留学ライフ

眞子さまと小室圭さんの結婚が延期されてから、今年2月で丸2年となる。

婚約者である眞子さまを一人日本に残し、NY州弁護士資格を獲得すべくフォーダム大学へ留学している小室さん。秋篠宮ご夫妻から「確固たる経済基盤を」と求められ、“箔付け”のために留学を決意、現地で勉学に勤しんでいると思われたが…。

「意外というかやはりというか、NYでの優雅な留学ライフを満喫しているようですね。NYの中心であるマンハッタンで高層階に住み、友人らとも仲良く夜遊びをすることもあるようです。年齢を考えれば多少は仕方がないでしょうが、これまで小室さんの警護などに充てられた税金を考えると、緊張感の無さに憤りを感じます」(某週刊誌記者)

小室圭さんは、かつて美女を抱きかかえたり、裏ピースでポーズを決めている写真が大変話題となった。これらは全て眞子さまとの交際を開始する以前に撮られたものだが、元来そういった“パリピ気質”なのだろう。NYで羽を伸ばし、我が世の春とばかりにはしゃぐのも、ある意味想定内と言えるが…。

「小室圭 裏ピース」の画像検索結果
「小室圭 裏ピース」の画像検索結果

NYでまさかのナンパ

しかし、実は現在、小室圭さんの数少ないNY留学中の写真がFB上で出回ってしまったことが話題となっている。ポロシャツに短パン姿の小室圭さんとブロンドの女性が映った画像が掲載されたというのだ。(写真は現在削除済)

「週刊誌報道によれば、小室さんは大学の勉強会に訪れていた日本人デザイナーのHさんに、自ら積極的にアプローチを仕掛けていたそうです。見ず知らずの初対面の女性と連絡先を交換し、相手の職場まで押しかけようとしたそうで、紛うことなきナンパですね…」(小室問題に詳しいジャーナリスト)

また現地の同級生の話によれば、

「ケイはものすごくフランクに女性に関わっていく男だよ。ノリがいいからウケもいいんだ!」(小室さんの友人)

とのことだ。さらに先程のジャーナリストが続ける。

「小室さんは、日本で眞子さまをお付き合いをしていた時期には、眞子さまと毎日こまめに連絡を取り合ったりしていたそうですが、他の女性にも声掛けをすることはやめなかったとか。

もちろん、NYへ行っても眞子さまを想う気持ちに変わりはないでしょうが、やはりかつてのプレイボーイの血が騒いでしまったのでしょう

眞子さまはひょっとすると、小室さんの危なっかしい面にハラハラしながらも、夢中になっているのかもしれません。そういう男性が一部の奇特な女性からモテるのは、世の常ですから…」(同前)

勉強三昧とは程遠い留学生活に紀子さま怒り心頭

さて、この小室さんの“醜聞”に激怒したのは紀子さまだ。紀子さまは小室さんの危なっかしい面を承知してはいたが、2月の延期期限を目前に控える中である。“ナンパ”をしていたとお知りになると、大変激怒され小室さんに直々に“抗議”されたというのだ。その際の様子を、秋篠宮家のオクに通じる関係者が振り返る。

「紀子さまは日課である週刊誌チェックを終えるやいなや、スマホを固く握りしめ、目を血走らせながら私室にこもられました。通りがかった者の話によれば、紀子さまのお部屋から『何を考えているのですか! おとなしく勉強していると思っていたのに!』『眞子や悠仁が今どうなっているかわかっているの?!』と聞こえたようで…。話の内容からお相手は小室さんで間違いないでしょう。紀子さまの怒りは尤もです。眞子さまは憔悴しきっておられるのですから…」(秋篠宮家関係者)

しかし、紀子さまは小室さんと連絡を取っていないはずではなかったか? 現地の友人に話を聞くと

「ケイはたまにカフェテリアの隅っこで『ハイ、ハイ…。スミマセン…』て泣きそうになりながらペコペコしてるよ。電話相手がキコサマだろ? 日本では連絡を取っていないことになってる? へぇ、そうなんだ(笑)」(小室さんの友人)

とのことだ。

すでに、結婚延期の約束期限が来月に迫っているが、果たして、このような調子で、眞子さまとの結婚を実現することなど可能なのだろうか?

皇室ニュース「こうろぜん」
美智子さま、雅子さまを「ご指導」 扇の持ち方に「あらあら間違えちゃって」と“口…
https://kourozen.com/archives/1166
文/編集部(2019.12) 大奥と化した上皇職 「上皇ご夫妻が引退され公務や祭祀に出席することは無くなりま


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。