眞子さま

眞子さま「アイツ、また浮気しやがった!」の絶叫に、小室圭さん「愛しているのは母親だけ」と本音ポロリ いよいよ“破談”へ

文/新藤幸人

反逆の小室圭

「眞子さまは小室圭さんの命令で、週刊誌やネットの皇室記事を読まないようにしています」

そう教えてくれたのは、秋篠宮家に出入りするさる関係者だ。美智子さまや佳子さまは「週刊誌は嘘ばかり」という旨の発言をしている以上、週刊誌もしくはそれを基にしたネット記事をご覧になっているのは確実だ。

たしかに週刊誌は秋篠宮家や美智子さまに厳しい論調を取っているため、(たとえ事実であったとしても)それを読みたくない気持ちは解らないでもない。むしろ解らないのは、「事実ではない」と主張し、吐血されるほど苦しいにもかかわらず、週刊誌のスクラップ帳を大事にコレクションしていた美智子さまの“御心”だ。

だが、眞子さまの場合は事情が特殊だ。どうして小室圭さんが眞子さまに「読ませないように」命令しているのだろうか?

小室圭さん「二股」報道

なぜ小室圭さんは、眞子さまに週刊誌を読ませたくないのか? 関係者から話を聞いていると、その理由は「嘘ばかりの週刊誌を読むことで、眞子さまが傷つくのを恐れているから」では無いようだ。先の関係者が続ける。

「昨年だったと思いますが、佳代さんの元婚約者が、小室圭さんの“二股疑惑”を週刊誌に暴露しました。小室圭さんは、眞子さまと交際していた時期に、別の女性とも親密な関係にあったというのです。

この報道を知った眞子さまは、何か思い当たる節があったのでしょう。みるみる顔が青ざめ、自室に籠られ、すぐさまスカイプを通じ小室圭さんに大声で詰め寄りました」(秋篠宮家関係者)

二人の会話は廊下まで漏れ聞こえるほど大声だったという。

「眞子さまの怒髪天に怖気ついたのか、小室圭さんは『あれは事故だ』『お酒が入っていたからしょうがない』などと言い訳を…。長期にわたる“浮気”であるかどうかは別として、一時は“親密な関係”にあったことを暗に認めたことになる重大発言です。

ですが眞子さまは言いくるめられてしまい、最終的に圭さんは『あの記事には事実でないことも書かれている。俺のことを愛しているなら、これから週刊誌もネット記事も読まないで。読んだら別れる』と動揺されていた眞子さまに迫りました。すると眞子さまは『圭くんがもう浮気しないなら。二度と週刊誌を読まない』と約束してしまったのです…」(同前・秋篠宮家関係者)

はたしてこの「週刊誌禁止令」は、眞子さまへの愛なのではなく、自らの保身のためなのだろうか?

NYでの浮気?

このように「週刊誌禁止令」によって事なきを得た二人の関係。だが今年に入って二股騒動が再び浮上したという。

「過日、女性週刊誌が、日本人デザイナーの長谷川ゆかさんのNY事務所に小室圭さんが出入りしていることを報じましたよね。その記事の中身を読めば“浮気”とは全く無関係だと解るのですが、記事タイトルが“浮気”を匂わすものでした。

眞子さまは圭さんとの約束を守り週刊誌を読んでいませんでしたが、新聞紙の広告に載せられた記事タイトルからこれを知り、『アイツ、また浮気しやがった!』と絶叫されました。

ものすごい勢いで眞子さまは二階の自室に戻られ、すぐさま圭さんを糺しました。ですが圭さんは今回は“身に覚え”がなかったようで、お二人の会話が全く噛み合わない状況に…。それでも眞子さまは怒り収まらず『私以外で、好きな人がいるでしょ』と何度も問い詰めました。すると混乱した圭さんは『愛しているのは母親だけです!母はシングルで、自分を立派に育ててくれました!』と謎の珍回答を…。その後、何が何だか解らない会話がその後2時間続きました」(同前・秋篠宮家関係者)

情報不足の行き違いで一方的に怒りを募らせることはよくあることだ。まさかこの勘違いが勘違いを呼び「破談」にならないことを祈ってやまない。

https://kikunomon.news/article/39028

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。