愛子さま

愛子さま「学習院大」進学で、脱・美智子さま宣言!

文/編集部

愛子さま学習院大進学へ

学習院女子高等科3年生として大学進学を控えている愛子さまが18歳の誕生日を迎えられた。学内でもトップクラスの成績であることから進学先として東大、一橋、筑波といった難関国公立大や上智など有名私立大の名前も取り沙汰されてきたが、皇室担当記者の間では、「学習院大への内部進学の可能性が濃厚」と見られていたが、この度それが内定した。

愛子さまが学習院大学への進学を決断された背景には、雅子さまの「慣れ親しんだ学び舎で、腰を据えて学問に取り組んでほしい」という想いがあったことが知られている。同時に、女性天皇や女性宮家創設の議論が行われる中で、愛子さまに皇族として相応しい教養や作法を身に着けて欲しいという天皇陛下の想いもあったようだ。

「愛子さまは、向学心が強く非常に勉強熱心であり、父親の天皇陛下と同じく、学習院大に進学したうえで王室があるイギリスに留学すれば、十分に皇族としての見識を広められるでしょう。

現在、女性天皇や女性宮家の創設に関わる議論が本格的に開始されようとしていますが、仮に、女性天皇が容認、もしくは女性宮家が創設される場合、将来的に愛子さまも皇族として皇室に残り続けることとなります。

そのような将来を見据えるならば、やはり学習院大学への進学はベストの選択といえるのではないでしょうか(皇室ジャーナリスト)

宮内庁は皇族のキリスト教化を懸念

このように、学習院大学進学は、愛子さまや皇室の将来を見据えて決定されたものだが、ある宮内庁関係者によると、他にも大きな理由があるという。

「実は現在、宮内庁の幹部らは皇族のキリスト教化を深く懸念しています。眞子さまと佳子さまはICUに進学されましたが、キリスト教系の大学であるICUに二人の姉妹が進学された背景には、キリスト教とも深い関りのある美智子さまの影響があったのです。

そのため、皇族のキリスト教化を深く憂慮する宮内庁は、天皇陛下の直系長子である愛子さまや、現在皇位継承順位第二位の悠仁さまがキリスト教化することを恐れ、美智子さまの影響を本格的に排除する方向へ動き出しております。愛子さまの内部進学決定もその動きの一つとみることも出来るでしょう」(宮内庁関係者)

愛子さまの学習院進学は王道回帰

これまで、東大や一橋大学といった国内の一流国立大学が進学先の候補として挙げられることも多かった愛子さまであるが、宮内庁としては、やはり皇族方の通われることの多い学習院大学の進学や、王室もあり、皇室とも縁の深いイギリスの大学への留学といった選択こそが皇族にとっての王道であると考えているという。

そういった意味で、学習院進学というのは、皇室における王道回帰とでも言うべき選択である。これまで、美智子さまの影響もあり、眞子さま、佳子さまと、続けて二人の内親王がICUへと進学されたが、愛子さまの学習院への内部進学は、皇族として最も相応しい選択であると考える宮内庁の希望も考慮に入れられたようである。

koshitsu.today
愛子さま「美しくご成長された」 学習院大学進学が決まり、海外で“特集”組まれ絶…
https://koshitsu.today/archives/477

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    17:30
    東大に行くなんて宣言なんてされてませんよ?
    偏差値が高いから東大も狙える。
    ってだけで周りがそう騒いだだけでしょ?

    あら
    バラック小屋ノーパンアヤメな紀子本人ですか?

    あんたが息子を東大東大とか騒いでるんじゃなくって?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。