秋篠宮家

秋篠宮ご夫妻と悠仁さま「ブータン旅行」に“準備不足”が発覚 「何もこんな時に…」と批判の声も

文/編集部(2019.8)

異例ずくめのご旅行

秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが、8月中旬からブータンへご旅行されることが正式に決定した。

8月16日に羽田空港からご出発され、バンコクを経由してブータン入り、25日に帰国される予定。現地では首都ティンプーなど3都市に滞在され、ワンチュク国王との懇談をはじめ、仏教寺院や博物館、文化遺産の視察、日本から派遣されている青年海外協力隊員とのご交流などが予定されている。

これまでに、皇族が海外でご静養されることはあまり前例がなかった。2006年に当時の皇太子ご一家がオランダから招待を受けて実現したご静養旅行の際も大きな物議を醸したほどだ。

さらに今回は、皇位継承順位1位の秋篠宮さまと2位の悠仁さまがご一緒であるいう点、また万が一の事態に備えお二人が別便を利用されるなど、異例ずくめとなる。

依然として秋篠宮家に対して厳しい目が向けられている状況の中とあって、国民からは旅行そのものに非難の声が多く聞かれる。「まず眞子さまの問題に決着をつけるのが先」といった意見が主なもので、なかなか国民の理解が得られていないのが実情だ。

「何もこんな時に…」

また、今回の旅行について、ある皇室担当記者は次のように語った。

「ご夫妻は今ご自身たちにどのような目が向けられているかを自覚されています。殿下と悠仁さまが別便を使われるなどの配慮についても一向に国民から理解が得られない。まさに何をしても非難を浴びてしまう状況です。

そのため、旅程についても国民の理解が得られるよう、相当綿密に練られたようで、スケジュールの確定が直前となりました。これには周囲もかなり気を揉んでいたようで、職員からは“何もこんな時に海外旅行されなくても…”といった声も漏れ伝わりました」(皇室担当記者)

しばしば“ご難所”と揶揄される秋篠宮家。今回のご旅行に関しても一筋縄ではいかなかったようだ。

気になる費用については「皇族費」から

今回は「私的旅行」であることから、私費にあたる皇族費で賄われる予定である。

しかし、ワンチュク国王との会談も予定され、ご一家のスケジュール管理や現地での移動手段の手配、ブータン警備当局との連携などを考えると、日本人大使館職員の動員も必須となるだろう。

こういった現地でのサポート体制に関する費用も皇族費から捻出されるのかは今の所明らかにされていない。このようなチグハグさに懸念を示す者も多い。宮内庁関係者は次のように愚痴を漏らす。

私的旅行と銘打っていますが、事実上の親善であり、公務に近い動員がかけられています。しかし秋篠宮家付の職員は、紀子さまから絶えずプレッシャーをかけられるため、欠員がでてもなかなか補充されない状況が続いています。そのため準備不足であることは否めません。

前回の欧州訪問では、不可抗力とはいえ二度も遅刻をしたり、思い付きで行き場所を変更してしまったりと先方に散々迷惑を掛けました。ブータン旅行でまたもや“やらかして”しまうのではないかと宮内庁では戦々恐々としています」(宮内庁関係者)

はたして秋篠宮家の海外旅行は、成功裏に終わるのだろうか?


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ブータン旅行でやらかしたな。
    記者「日本とは違いますか?」
    悠仁「すごく似ている感じがします」
    記者「どういう所が似ていますか?」
    悠仁「木とか草とか・・・」
    秋篠「どう違うのかな?」
    悠仁「まだ分かんない」

    • 匿名 より:

      秋篠宮家は潔く皇籍離脱(居座り続けても剥奪)すべき!
      それが国民にとっても秋篠宮家にとっても幸せ。
      子供に対して優しい国民も悠仁くんに対しては辛辣なコメントばかり!
      それほど秋篠宮家に対しての押さえようのない怒りや嫌悪感の表れです!

  2. 匿名 より:

    若い時から何のお考えも無く、今もご夫婦で行ったらみんな驚くんじゃ無いぐらいか、行きたいね〜とお相手の事も考えない、ご自分、ご自分達さえ良ければでしょう。

    海外からのお客様と、重なったともありましたよね、国
    王も困られたらでしょうね。

    お付きの方も、お声がけするべき人に、声をかけず困らせたとも。

    皇族としての立場もわからず、自分本位、国民からの尊敬も無い、皇族としての品位が無い、やっぱり出自が怪しい。

    このまま真子さんが、詐欺親子、不正受給親子の、圭と結婚でもした時は、国民からのバッシングは、思った以上と覚悟していて下さい。

    基本あなた方は、国民の納税した税金で、贅沢なお暮らしが出来ているのですから。

  3. とくめい より:

    果たしてどのような珍道中になることやら。
    悠仁さまが今度はどんな奇抜な衣装を披露されるのか。又してもダブルフッキングされるのか?、又しても空っぽのスーツケースを持参して鍵を忘れるとか?献上と化してお土産を沢山おねだりされるのか?現地での食事に要望をだすとか?観光、娯楽優先のスケジュールを組んでおきながら御公務となさるのか?我が儘放題のご旅行となりそうですね。
    まさか小室親子の合流とかって事はないでしょうね。

  4. お気の毒紀の子 より:

    秋篠家のオンライン公務についてのヤフコメは、非難批判ばかりだった❗
    ┅┅┅┅┅┅↓ほんの1部┅┅┅┅┅
    ◉皇族として、その姿勢を差し置いて『皇族業』ですね。

    資質、 品位・品格、 認識・自覚、 研鑽・努力 全く伝わってこない。

    見栄・体裁、 野心・画策、 隠蔽・保身、 贅沢・我儘、 金・金が際立ち、
    既に、嫌悪感しかない。

    この御一家は、皇族として敬うに値しない。
    将来の象徴? 何を勘違いされているのか? 御冗談を。
    皇族を名のる血筋を持たない、ただの男子? そもそも、敬うことを国民に求める資格は、無い。
    国民を欺く、現在・過去・未来。

    擁護 後ろ盾の上皇后様、その言いなりに忖度した宮内庁。
    皇室の『闇』を握った、小室氏(家)。
    『闇』を握られ、保身と隠蔽。 関係者含めて排除するべき。

    ◉本当にa家情報いらない。まずは優先して解決すべき事があるのに、国民無視で 何を呑気にしれっとオンライン公務などやってるんだ︎あ、皆さんが言うように謝礼を貯めてるの?
    ほんと、こんな記事を見ると、裏でa家をあげるよう、指示が出てるんだろうなー、としか思えない。こんなに国民に嫌われているのに、悪いこと書かれず、上げられている記事ばかりだもの。
    そんな記事を書いている人は仕事だとは言え、ろくな事ないんじゃ無いの?例えば、お金もらったら、人殺しする?お金もらったから、とか、忖度とかでも嘘書いちゃダメだよ。
    a宮家は、嫌われている。皇室から離脱して欲しいと思っている人が増えている。ちゃんと自分の心に正直に、ほんとの事を書こうよ!

    ◉秋篠宮家のオンライン公務をズラリと並べて、秋篠宮家はこんなに忙しくしているアピールですか?相変わらずの朝日ですね。
    AERAは皇后陛下にケチつけるのに余念のない記事を 今でも隙あらばの姿勢で載せているし…
    朝日は秋篠宮家と結託して何がしたいのでしょう?皇室の廃止?女性天皇になると 皇室が終わるのではないのですか?もう右も左も主張に無理がありすぎですが、現実問題から国民の目をそらすことはもう出来ません。

    秋篠宮はオンライン公務をする時間があるなら、今までの経緯を オンラインでもよいですから 記者と双方向で国民に説明して欲しいです。
    ┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅
    皇室関係のYahooNewsが出る度に、こんな感じ。なんとか イメージアップを狙ったNewsを流しても、もう 知られてしまったから その意図も見え見え。

    これでも、ずいぶん削除されているようだ。時間が経つと コメ数が減ったりする。
    秋篠家の闇や上皇后の企みが綿密にコメで語られ、秋篠家-上皇后の皇籍剥奪の声が高くなってしまうから。

  5. 偽皇族の分際で より:

    わざわざモディ首相とバッティングさせるって相手側からしたら嫌がらせとしか取れない



  6. 批判をそらすためのカムフラージュ より:

    ブータンなんかいつでもええから、先にブーチャン問題解決しろ

  7. 相手国泣かせの迷惑旅行 より:

    コーシ家はコロナ禍以前に海外にこれでもかと行ったけど、何の友好親善にも役立っておらんかったな

    コーシ夫妻:ポーランド、フィンランド
    ブー子:ペルー、ボリビア、途中ロス疑惑
    ダンサー:ハンガリー、オーストリア
    ヒサ坊:ブータン

  8. 運子 より:

    ブータン夫妻も今では秋夫妻と距離がある感じですね。

  9. 特命 より:

    このブータン旅行では、国王ご夫妻への表敬訪問時の悠仁の羽織袴姿に、ネット上で「羽織袴は武家のもの、皇族は普通お召しにならない」「皇室の伝統を破った」などの批判の声が上がりましたね。

    この服装の問題点について、以前の『菊ノ紋ニュース』の記事より、皇室ジャーナリストの話。
    「私的旅行ということになってはいますが、国王ご夫妻への表敬訪問は公務的意味合いが大変強いものです。よって今回の表敬訪問がプライベートだったとは言い難い面があります。また、たとえマナー違反でないにしても、ブータン側が喜べば何を着てもよいというわけでもありません。表敬訪問はコスプレ撮影会ではないのですから。
    マナーというのは受け取り手がどう思うかが重要で、ルールブックの文面に従うか否かが問題なのではありません。少なくとも日本国内でこれだけ批判の声が上がっている以上、今回の羽織袴が“物議を呼ぶ不適切なもので、避けるべきだった”ことは事実です。無難に御父上とあわせて洋装でよかったような気がします」

    皇族の方々は、プライベートで着物をお召しになることはありますが、公務の場では基本的に洋装です。また、園遊会などの行事で女性皇族が着物をお召しになっても、男性皇族は洋装です。
    たとえプライベートな旅行であっても、国王ご夫妻への表敬訪問という「準公務」ですから、父親の秋篠と同じく洋装の方が相応しかったのではないかと思います。

  10. スケバンミテコ より:

    平民がコロナ禍で大変な時世にご夫婦とお坊ちゃまが海外旅行?私的な観光優先の似非ご公務をなさるんですね。
    秋篠宮家がなさっているのは皇室外交ではなくて私的外遊。
    献上品(お土産)も沢山おねだりなさるんですよね。
    平民の血税を使われてお召し物も新調なさるんですよね。
    そんなにブータンをお気に召したのならご一家でブータンに定住なさってくださいませ。皇居には戻って来ないで下さいませ。非常識な振る舞いで国際的に恥を晒さないで下さいませ。



  11. 匿名 より:

    豪華海外旅行!付き人が沢山いて身の回りの事は全て付き人任せ!我が儘を言って威張り散らすだけ!見て食って集るだけ!豚はバグに投げキッス。鹿は一言感想のぶりっ子!弟は袴姿!本当に不要の宮のアホで愉快な家族達!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。