佳子さま

ハンガリー大統領、語学力不足の佳子さまに失望?「観光旅行に呼んだわけじゃないのに」

ハンガリーの日本語学校を訪れた佳子さま

ハンガリーを公式訪問中の佳子さまは23日、首都ブダペスト市内にある日本人学校を訪れ、子供たちと交流された。佳子さまは、小学生の児童がハンガリー語の単語を学ぶ様子をご見学された後、花束を手渡され、子供たちの合唱にも耳を傾けられた。

「佳子さま訪問された日本人学校は、小学1年から中学3年までの日本人児童生徒約70人が通っております。佳子さまは、子供たちからも大人気で、“どんな授業が好きですか”“学校は楽しいですか”などと声を掛けられた後で、皆と笑顔でハイタッチを交わされておりました」(皇室ジャーナリスト)

佳子さまはこの日本人学校を訪問し、小中学生と交流された後には、首都ブダペストにある大学を訪れ、日本語を学ぶ現地の大学生らと交流を深められた。

欧州を訪れるも日本語が通じる場所ばかりのご訪問に

実は、欧州を公式訪問した佳子さまが、日本人学校を訪れられたり、日本語を学ぶ学生と交流したりといった日本語が通じる場所ばかりを選んで訪問される姿勢に関しては、インターネット上で疑問の声も上がっているようだ。

佳子さまはこれまでに、外国語教育に非常に力を入れているICUを卒業され、また在学中にはイギリスのリーズ大学に留学されている。もちろん、大学在学中の4年間でドイツ語やハンガリー語をマスターすることは不可能であるとしても、やはり初の海外公式訪問で、それらの学校で教育を受けられた成果を少しでも見たかったというのが多くの国民の本音であるだろう。




オーストリア、ハンガリーの大統領も失望の色を隠せず

また、どうやらこのような感想を抱いているのは何も日本国内のインターネットユーザーだけではないようだ。ある皇室関係者は、佳子さまと懇談したオーストリアと、ハンガリーの大統領の様子を次のように語った。

「やはり、日本との国交150年を記念して日本の皇族を自国に迎えられたオーストリアとハンガリーの大統領の大統領にとって、現地語でコミュニケーションをとる意思を持たない佳子さまのご様子に関して少なからず失望していたようです。

特に、佳子さまのご訪問前には、皇后雅子さまがトランプ大統領夫妻やG20に合わせて日本を訪れた各国の要人達を素晴らしい語学力と気遣いによってもてなされたという噂を聞いていたでしょうから、やはり、皇族の訪問に関して、どうしても期待のハードルが高くなってしまったということもあるのかもしれません(皇室関係者)

結局、佳子さまが欧州訪問中に口にされた現地語はたった二言。オーストリアで参加された「日本とオーストリアの友好150周年記念レセプション」でのご挨拶で口にされた「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と、同じくハンガリーで参加された「国交150周年を記念した夕食会」でのご挨拶で口にされた「クスヌムセーペン(ありがとう)」である。

「さすがに、どちらの国でも、取ってつけたように挨拶に付け加えられた、現地語での感謝の言葉には思わず苦笑せざるを得なかったようです。レセプションや夕食会での簡単なご挨拶と大統領への表敬訪問を済ませた後には、有名な観光地を網羅して回る佳子さまの姿を見て、あるハンガリーの政府高官の一人は思わず“観光旅行に呼んだわけじゃないのに”と不満の言葉を口にしていたそうです(前出の皇室関係者)

欧州でも高い人気と知名度を誇る佳子さまは、現地でも熱烈な歓迎を受けたものの、日本との国交150年を機に有意義な交流を望んでいたオーストリアとハンガリーの政府としては、やはり少々物足りなさを感じていたようである。

もちろん、20代の何ら特別な政治的な権限を持たない佳子さまに対して、過度な成果を期待すべきではないだろう。とはいえ、しかし、やはりレセプションや夕食会でのご挨拶と大統領への表敬訪問を済ませた後に、そそくさと観光名所を巡られる佳子さまに対して、少々「期待外れ」の感を抱く相手国側の政府関係者がいたとしても無理のないことかもしれない。

(編集部)


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    みっともない。

  2. アッキーx より:

    秋篠宮家の娘ですもの、そのくらいの物。
    頭悪いし、賢くもないし、勉強嫌い。

  3. アッキー より:

    秋篠宮家の娘ですもの、そのくらいの物。
    頭悪いし、賢くもないし、勉強嫌い。
    旅費がもったいなかったわね〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。