愛子さま

愛子さま「いつかお話してみたかった」 仏・シラク元大統領の訃報に“深い悲しみ” 現地では愛子さまの渡仏を望む声も

文/編集部

シラク大統領死去

9月26日、フランスのジャック・シラク元大統領が死去したことが報じられた。86歳だった。

シラク元大統領は1995~2007年の12年間、フランス大統領を務めた。大の親日家として知られ、公私合わせて、訪日回数は50回を優に超えていたという。

また、大相撲への造詣が深く、愛犬に“SUMO”と名付けるほどの熱烈なファンとしても知られていた。2000年には、幕内優勝力士に贈られる「フランス共和国大統領杯」(シラク杯、07年まで)を創設するなど、日仏親善に寄与する様々な活動を行った。

愛子さまの深い悲しみ

この訃報を、愛子さまは深い悲しみを以て受け止められたという。

「愛子さまは幼い頃、シラク元大統領が大の相撲贔屓であることをお知りになると、“お話してみたい”とおっしゃっていました」(皇室関係者)

幼少から大相撲に親しまれてきた愛子さま。両陛下とテレビ中継をご観戦され、力士の四股名、出身地などを暗記。大人も負かすほどの知識で周囲が目を見張るほどだったという。

2007年の秋場所では両陛下に伴われ、初めての大相撲観戦も果たした。その当時のことは、相撲ファンの間で今以て語り継がれるほど喜ばしいことであった。

「これまで皇族の方々の台覧相撲というものは何度かあったことですが、齢4歳にして観戦されたのは愛子さまが初めてです。

愛子さまがお姿をお見せになると、会場には割れんばかりの歓声が溢れました。身を乗り出して熱心にご覧になられる愛子さまの愛らしいお姿は、今も目に焼き付いております」(同前・皇室関係者)

当時の横綱朝青龍も、愛子さまの来場について、“相撲が大好きだと聞いていますし、横綱としていい相撲をお見せしたかった。できれば毎日でも来ていただきたい”と語っていた。

いつか再び観戦を!

まだ幼いながら、国技である大相撲への関心と理解を深められた愛子さま。

「愛知万博で元大統領との会見をさせてはどうか、という意見が庁内で上がり、調整が進められていました。愛子さまも幼心に楽しみにされていたのではないでしょうか。

しかし、当時は皇后さまの“子連れ公務”についてのバッシングが苛烈をきわめており、批判を避けるために、結局その件は頓挫したのです」(同前)

この件がきっかけとなったのか、その後の角界の不祥事が影響してか、愛子さまは今現在に至るまで、公式に大相撲の観戦をされていない。

2017年には両陛下が約10年ぶりに両国国技館を訪れ、夏場所の初日を観戦され、雅子さまは愛子さまについて、“次は是非一緒に来たいと思います”と述べられていた。

仏・マクロン大統領はシラク元大統領の訃報を受け、30日を国民哀悼の日とすることを明らかにした。その死を悼むとともに、愛子さまの渡仏を望む声が現地で上がっているという。

https://kikunomon.news/article/10935

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。