紀子さま

紀子さま「櫻井翔で、眞子を目覚めさせる!」 嵐を呼ぶ「国民祭典」の裏に小室圭さん

紀子さま眞子さま

文/編集部

「嵐」『国民祭典』でパフォーマンス披露

9月24日、11月9日に執り行われる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、「嵐」が奉祝曲の歌唱を担当することが、同祭典の企画発表会見で発表された。『国民祭典』は2部構成となっており、午後5時10分からの第2部「祝賀式典」にて、「嵐」が奉祝曲を披露する。

国民祭典でのパフォーマンス披露の報告を聞いた嵐のメンバーは皆、“えっ、俺たちでいいの!?”と驚くと共に、“本当に光栄です”と恐縮していたようです。また、メンバーの櫻井翔はグループを代表し“お祝いの会に少しでも華を添えられますよう、心を込めて精一杯パフォーマンスをしたいと思います”と抱負を語っています(皇室ジャーナリスト)

過去に、これまで天皇の即位をお祝いする式典の奉祝曲は、実力派のアーティストが披露しており、ジャニーズ事務所の所属アイドルである「嵐」がパフォーマンスを披露することが発表された際には、関係者の多くが驚いたようだ。

「嵐」の式典の参加の裏に愛子さまのご要望

現在、週刊誌報道等では、「嵐」が「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」でパフォーマンスを披露することが決定した理由の一つが、愛子さまが大の嵐ファンであったためであると報じられている。

とはいえ、愛子さまの希望により「嵐」の式典参加が決定したという報道には疑問も持つ関係者も多いようだ。ある皇室関係者は次のように述べる。

現在、週刊誌報道等では愛子さまの希望により嵐の式典参加が決まったかのような記事もみられますが、さすがに愛子さまが国民にとってのお祝いの式典で個人的な希望を叶えるような“式典の私物化”を行うということは考えにくいように思います。

仮に、式典の運営が愛子さまが嵐のファンであることを知っていて、忖度するようなことがあったとしても、愛子さまは控えめな性格であり、愛子さまから“嵐を参加させてほしい”などと頼むようなことはまずないでしょう(皇室関係者)




実は「嵐」の参加を強く希望したのは紀子さま

この皇室関係者は、愛子さまの希望により、「嵐」の式典参加が決定されたという報道内容を否定しつつ、実は「嵐」の式典参加を希望したのは別の人物ではないか?と指摘する。

「もちろん、確かなことは言えないのですが、今回の嵐の式典参加を非常に喜んでいたのは愛子さまだけでなく、同じく嵐の大ファンである眞子さま、そして、眞子さまの母の紀子さまも同様に喜んでいたようです」(前出の皇室関係者)

なぜ、「嵐」のファンでもない紀子さまが喜ぶのか?その理由をこの関係者は続けて次のように述べた。

「実は、紀子さまは以前から眞子さまが小室圭さんとのご結婚を諦めるようにと、様々な異性との出会いの機会を積極的に作ってきました。ですか、紀子さまの努力の甲斐もなく、眞子さまは小室圭さんとの結婚を決して諦めようとはしませんでした。

そんな紀子さまですが、実は今回の式典に嵐が参加することを非常に喜んでいました。というのも、眞子さまは昔からの嵐の大ファンですから、“嵐のメンバーを間近で見れば、小室圭さんのことも忘れられるかもしれない”と考えたからのようです(同前)

まさか、嵐のメンバーを間近で見ただけで、結婚を諦めてしまうほど、簡単にはいかないと思うのだが……まるで、別れさせ屋の発想である。まさかとは思うが、「嵐」は眞子さまにご結婚を諦めさせるために紀子さまから派遣されたエージェントでは?

「眞子さまのご結婚を諦めさせるために、紀子さまが嵐を式典に参加させた可能性ですか?うーん、さすがにそのようなことはないとは思いますが……とはいえ、紀子さまも眞子さまにご結婚を諦めさせるためには、どのような手段でもお使いになりたいと考えているようですから、もしかするとそのような可能性もゼロではないかもしれません(同前)

どうやら、やはり紀子さまは、眞子さまと、そして小室圭さんのために様々な苦労をされているようだ。

https://kikunomon.news/article/11581

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。