小室問題

小室佳代さん「上皇両陛下ゆかりの地巡り」続く 関係者は「お詫び行脚のつもりか?」と困惑

文/川田凛子

小室圭さんの母・佳代さんの動向

秋篠宮家に暗い影を落とした眞子さまの婚姻問題。
眞子さまの婚約者である小室圭さんとその母・佳代さんが抱える金銭トラブルの影響で、婚約は2020年2月まで延期となった。

そして小室家は世間の批判から逃れるが如く、現在は身を潜めながら生活している。

小室家が主張する通り、元婚約者から受け取った約440万円が“贈与”であるならば、贈与税の時効は2020年3月末である。

このまま雲隠れを続け、時効を待つつもりなのだろうか。小室さん側からの誠意ある対応が求められている中だが、それも望み薄で、事態は膠着状態である。

佳代さんが京都で相次いで目撃される

しかし、国民の怒りに反して、小室家の現状はまさに“我が世の春”状態である。

圭さんは現在、米・フォーダム大学のロースクールで2年目の留学生活をスタートさせている。異例中の異例の待遇で学費免除となる奨学金を手にし、物価の高いNYの生活を何不自由なく過ごしているという状況。

そして母・佳代さん。これまで国内で目撃情報が相次ぎ、当サイトへのタレコミも常にある状態。現在はパートも休業しているというが、先日は京都で“観光”を満喫していたというのだ。

タレコミは9月末頃に集中した。

「京都御所で小室佳代さんを見かけました。紫宸殿周辺で、同伴と思しき50代くらいの、やせ型の男性も一緒にいました。写真のようにサングラスをかけていて、一瞬あれ?似てる…と思ったのですが、口元のほくろで確信しました。深緑のロング丈のワンピースに、デニムジャケットを着てて、写真で見るより全然若く感じました」(タレコミ情報)

また、こんな目撃情報もある。

「佳代さんらしき人が高島屋京都店でお買い物をしている姿を目撃しました。祇園おくむらでキッシュとハンバーグ、サラダを買ってましたよ。一人でした。その後グロサリーとかリキュールのコーナーでワインを選んでたのを見ました!」(タレコミ情報)

まさかお詫びのつもり?

どうやら佳代さんが京都に赴いたのは間違いなさそうだ。

この件について、ある皇室関係者に話を聞いたところ、

「軽井沢、葉山、そして京都と、上皇両陛下に縁のある土地ばかりで目撃されるのは、何かを示唆しているのかもしれません。佳代さんは未だに上皇陛下の“裁可”に縋っている面が大いにあると見えます。京都で次なる秘策を練っていたのか…。かなりエキセントリックな人なので、上皇両陛下への“お詫び行脚”の線もありますね」(皇室関係者)

即位礼正殿の儀が目前に迫る中、祝賀ムードに水を差していると言っても過言ではない婚姻問題。

佳代さんは皇室ゆかりの地で、何か解決の糸口は見つかったのだろうか。それともただ観光を楽しんだだけなのか。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。