紀子さま

「紀子さま自慢」でイメージ低下 松岡茉優が「CM打ち切り」の危機! スタッフ「こんなはずじゃなかった」と落胆

文/編集部

松岡茉優「紀子さま自慢」で好感度低下の悲劇

10月2日に東京・六本木で松岡茉優さんや松坂桃李さんが、国際コンクールに臨む若きピアニストたちを演じた映画『蜜蜂と遠雷』の特別試写会が行われ、秋篠宮妃紀子さまが、出演者の松岡茉優さん、森崎ウィンさん、鈴鹿央士さんと共に映画を鑑賞された。

実は、この試写会の後で行われた会見で松岡茉優さんが語った一言が、ネット上で話題になっているという。ある雑誌記者は次のように語る。

「記者会見で、松岡茉優さんは紀子さまから“会場にいるような臨場感があり、拍手を送りたい気持ちでした“” 本当に良かったです“とお褒めの言葉を頂いたことを事細かに説明し、さらに会見の最後には今回の試写会に参加できなかった松坂桃李さんについて” 舞台挨拶で紀子さまと一緒に撮った写真を見せて自慢する“と語ったことがネットで炎上しているようです。

もともと松岡茉優さんは、最近ではメディアに出るたびに発言がよくない意味で話題になることが多いのですが、今回の試写会後の発言に関してもネット上では、“いやいや、そこはふつう謙遜しておくところでは”“紀子様に褒めていただいたーって、自慢しちゃうと印象悪い”といった批判的な書き込みが多数みられました」(雑誌記者)

松岡茉優さんと紀子さまのダブル炎上で踏んだり蹴ったりの試写会

今回のイベントは、松岡茉優さんの自慢発言が芸能ウォッチャー達からの批判で炎上する一方、紀子さまが試写会に参加したことで皇室ウォッチャーからも批判が起こりダブル炎上の様相を呈したようである。

松岡茉優さんは試写会に紀子さまが訪れることを聞いた際の心境について、自身の代表作をもじり「そうですね、勝手に震えてました」と述べたが、このコメントが原因でニュースサイトのコメント欄は大喜利状態に。

「国民は怒りで震えています」「松岡さんは恐怖で震えたの?」「笑いを堪えたのでは?」等々、紀子さまのご努力の甲斐も虚しく失笑される事態に。さらに、中には「また謝礼付き公務?」「映画鑑賞の前に眞子さまとコミュニケーションを」とより直接的に怒りをぶつけるような書き込みもみられた。




「こんなはずじゃなかった」と落胆するスタッフ

中でも、最もワリを食ったのは試写会を企画したスタッフ達であろう。映画の試写会に皇族の方をお招きたことを大変な栄誉のように思っていただけに、ネットでこのような反応が起こることは予想していなかったようである。

「現在、週刊誌や一部のインターネットメディア等では、秋篠宮家に対して厳しい批判の目が向けられていますが、どうやら今回の映画の試写会を企画した若いスタッフたちのほとんどはそのような事情を知らなかったようです。

おそらく、将来の天皇の母ともなる皇嗣妃の紀子さまをお招きすることを大変な栄誉に感じていたのでしょう。それだけに、ネット上でこのような炎上騒ぎとなったことはショックが大きかったようで、試写会の企画を最も積極的に主導したスタッフの一人は思わず『こんなはずじゃなかったのに』『まさかCM打ち切りとかにならないのよね?』などと思わず落胆の言葉を口にしていました」(皇室ジャーナリスト)

どうやら、眞子さまと小室圭さんの結婚問題が持ち上がって以降、秋篠宮家のご公務のたびに、このような悲惨な事態はあとをたたないようである。紀子さまなどが、秋篠宮家の信頼回復のために公務に邁進するのは結構なことであるが、一方で、相手側にかかる負担なども考慮していただきたいものだ。


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    松岡茉優さんは狐子の悪評を知らなかったのね。
    この人もある意味、被害者者かもね。
    事務所の人も「皇室」のことしっかりと
    リサーチしとけば、こんな事にならなかったのに。
    角田刑の母佳代と狐子には関わらないことだね(笑)
    二人とも丙午で、かの国の血が流れています。
    佳代さんに関わった人は数人死んでいますからねぇ。
    秋家も家庭崩壊していますからねぇ。
    気を付けたほうがいいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。