天皇家

雅子さま「微笑」で、「青空に虹」さした即位礼! 関係者「これ以上ない奇瑞。雨降って地固まる時代になる」

文/編集部

即位礼正殿の儀

22日午後、天皇即位を国内外に示す「即位礼正殿の儀」が滞りなく終了した。およそ2000人が参列した。朝からあいにくの雨模様となり、 宮殿・中庭に配置される装束姿の職員の数を3分の1ほどに減らした上で、宮殿の廊下などに配置した。

しかしこの雨模様は一転、「即位礼正殿の儀」が始まるや弱まりはじめ、天皇陛下と雅子さまが高御座・御帳台に登られ、とばりが開かれる段になるや、空には青空が覗き、虹が差した

この光景は、テレビ放送でも「奇跡」であるかのように流された。

青空見せる皇居頭上
青空見せる皇居頭上
都内頭上
都内頭上
都内頭上

宮内庁職員も「涙」

この奇跡ともいえる青空と虹に、ある宮内庁職員も興奮気味だ。

「このような奇跡的な現象は、伝統的に『奇瑞』(きずい)といいます。古典を読むと、偉人が生まれたりすると紫雲がたなびくなど吉兆が起こるという記述によく出くわします。まさかそのような奇瑞をこの即位式で見られるとは感動以外の何物でありません。

これまでご苦労されてきた雅子さまの微笑も印象的でした。両陛下のこれまでの素晴らしいお振る舞いがこのような『奇瑞』を生んだに違いありません。雨降って地固まる、そんな令和の時代を象徴する儀式になったと思います(宮内庁職員)

そう涙ながらに語った。

ネットでも驚きの声

この奇跡に、ネットでも驚きの声が相次いでいる。当サイトにも次のような声が寄せられた。

即位礼が始まりました!

さっきまでのどしゃ降りは上がり、空に日が差してきました!またまたお二方の奇跡です。

龍神様と水は深い関係にあるので、歓迎を受けているのです。その証拠に、肝心な時はパッと晴れるのです。ご成婚パレードもそうでした。令和は神々しいですね。

菊ノ紋ニュース「コメント」

此方関西地方は昨夕からの土砂降りの雨も上がり、朝から晴れて来ています

東京は、雨模様でしかも気温も低いとの事。

即位礼の儀式が、雨とは⤵って思っていましたが、「雨降って地固まる」だし、「平成の穢れた物を流す」との発想が浮かびませんでした。

先の御代の垢を流してくれる事でしょう!

御成婚時も生憎朝からの雨模様でしたが、パレード開始前には雨も上がって晴れ間が現れました。

テレビに釘付けで視てました。

早朝から緊張と重圧で御疲れの事と存じますが、御無事に儀式を終えられる事を切に願っております。

菊ノ紋ニュース「コメント」

雨降って地固まる、青空に虹が差すような「令和」の時代になることを願ってやまない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。