眞子さま

小室圭さん、眞子さまに苦言「税金で大学に通えるから良いよな~」 大学院「休学」の知らせを受けて

文/編集部

留学中の小室圭さんが抱える借金問題

現在、結婚延期状態となっている眞子さまと小室圭さん。小室圭さんは、現在、NY州弁護士資格取得へ向けてNYのフォーダム大学に留学中だが、金銭面の問題から留学の継続と弁護士資格の取得が危ぶまれているという。

「小室圭さんは、現在でも成績は優秀で、このままあと2年間留学を続けることが出来ればNY州の弁護士資格試験に合格する確率は高いとみられています。しかし問題は、このまま2年間留学を続けられるのかということです。

すでに、小室圭さんは家庭の400万円の借金に加え、日本の法律事務所からも、NYでの生活費の支援を受けており、合わせればかなりの額の借金となっております。2年目以降は全額免除の特別奨学金の取得はほぼ不可能であり、留学継続しようにもそのための資金がどうにもならない状況になっているのです。

もしかすると、小室圭さんはもともと結婚一時金の1億円をあてにして留学の計画を立てていたのかもしれません。現在、無収入のまま留学を続けようとする小室圭さんに対しては、“無謀だ”と批判する関係者も少なくないようです(皇室ジャーナリスト)

傷心の眞子さま、大学院休学の実態が明らかに

このように留学の継続と、弁護士資格の取得が危ぶまれている小室圭さんだが、眞子さまも日本の大学院の卒業に苦労されているようだ。先日、ある週刊誌系のメディアが眞子さまが大学院を休学しており、3年間で博士課程が修了できなかったことを報じた。

もちろん、博士課程を3年で修了する学生がかなり少ないことは事実であるが、先の記事では、小室圭さんとの結婚延期のショックで大学院を休学されたのではないか、と書かれていたこと。また、皇族としての身分で、ある意味で公費を使用して大学院まで進学しているということから、ネット上の記事には「税金の無駄使いだ!」と批判する書き込みが殺到した。

休学の原因は、ご結婚の延期と体調不良が原因であるとみられているが、宮内庁から正式な発表はなく、正確な理由は明らかになっていない。




傷心の眞子さまに追い打ちをかける小室圭さん

結婚延期のショックに加え、税金の無駄使いといった批判を受けて、大変精神的にまいっている状況にある眞子さまだが、先日、その傷心の眞子さまに追い打ちをかけるかのように、NYの小室圭さんから心無いメッセージが届いたようだ。

「NYで留学生活を続ける小室圭さんですが、海外でも簡単にチェックすることの出来るネットニュースなどからしっかりと日本の情報は得ているようです。おそらくは、眞子さまの大学院休学のニュースも見ていたのでしょう。

ある日、大学院の研究について悩んでいることを眞子さまが通話で相談したところ、なんと、小室圭さんは、“でも、眞子は良いよな、税金で大学院に行けるんだから”と思わず心無い批判めいた言葉を口にしてしまったようです(皇室関係者)

さすがに、この一言には眞子さまも大変なショックを受けられたようで、ただ一言「酷い」とだけ言い残して通話を切られたそうだ。

日本国内で、大変な批判を受け続けている眞子さまと、無収入のまま留学を継続し、借金ばかりが膨らんでいく小室圭さん。どちらも精神的ストレスは限界に達しているようで、小さな喧嘩や言い争いが起こることも増えており、関係者の中には、破談の日が近いのではないかと噂する者も多いようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。