秋篠宮殿下

秋篠宮殿下、即位礼は「陛下を真似ればよかった」発言に、関係者「戦慄」 「間違えないよう緊張した」とも 

文/川田璃子

秋篠宮殿下のお誕生日会見

11月30日、54歳のお誕生日を迎えた秋篠宮殿下。お誕生日に先立ち収録されていた会見が、30日の0時に公開された。この会見の中で、殿下は皇嗣となった現在の気持ちについて、悠仁さまの近況について、また、現在渦中の眞子さまと小室圭さんの婚姻延期問題についてもご回答された。

「眞子さまの件について、記者の間でも想定されていたことではありますが、やはり両殿下と眞子さまとの間でこの件についてのお話し合いというのは無かったと。また、小室家とも殿下ご自身は連絡を取られていないということも明らかになりました

入念に練られたであろうご発言内容でしょうが、殿下の“早く話題を切り替えたい”というご様子から、この問題の深刻さだけが浮き彫りになった形です。小室家に対する殿下からの信頼感というのは最早皆無に近い状況でしょう。これは未だご結婚のご決意が固い眞子さまや小室さん側にとっては、相当に重いご回答だったと思います」(皇室担当記者)

会見に臨まれる秋篠宮殿下

来年2月には何らかの“回答”を

小室家とのコンタクトを取っていないことから鑑みても、やはり秋篠宮殿下ご自身のお気持ちとしては、眞子さまのご結婚相手に小室さんは相応しくないと、一層そのようなお気持ちを固められているようだ。あくまでも眞子さまのお気持ちが変わるのを待っていると、そのように見て取れる。

「しかし、今回は6月の会見とは違い、具体的なご回答もありました。殿下の口から『来年の2月には、何らかのことは発表する必要があると私は思っております』とのお言葉があり、これについてはこれまでにない大きな進展と言えるでしょう」(同前・皇室担当記者)

眞子さまご婚約会見

来年2月には何らかの“解決策”が国民に提示されるのだろうか。再度延期などという事態はなんとしても避けていただきたいものであるが…。

即位礼の所作が分からず「緊張した」

さて、会見の中では「即位の礼と大嘗祭に、皇嗣として臨まれた感想」といった質問もあった。これについて殿下は「一連の行事が終わり安堵している」と述べられた上で、祝賀御列の儀に供奉されたことについても「非常に多くの方にお祝いしていただき、有り難いこと」と述べられた。しかし、続くご回答に関係者は肝を冷やしたという。

「殿下は、『前回の即位の礼では、所作が分からなければ隣にいる陛下(当時皇太子)を真似ればいい、といった気持ちでいたが、今回は、私をみんなが真似るだろうから、間違わないようにしなければならない』と赤裸々に語られたのです…。

殿下はその後『場を和ませるつもりだった』と赤面され、これを御冗談のおつもりで述べられたそうですが…。周囲は凍りつきました。婉曲に『国事行為や祭祀について理解が浅い』と仰っているのと同じであり、捉え方によっては皇嗣としての資質が問われる内容ですから…。現在、4月に控える『立皇嗣の礼』を延期するようにとの問い合わせも宮内庁に多数寄せられている中ですから、これでは“資質云々”の批判を『そのとおりです』と追認するような格好になってしまいます。

あまりにも赤裸々すぎるため、再度の収録も検討されましたが、殿下はそれを拒否されました。そのお姿は、重責に耐えかねるご自身のお気持ちを国民に少しでも理解して欲しい、だからこのままで良いんだという、そのようなご心痛が窺える面持ちでいらっしゃいました…」(秋篠宮家関係者)

これまで宮中祭祀などに関して「両陛下よりも熱心」と言われてきた秋篠宮殿下だが、この回答には驚きを隠せない。54歳となられた殿下にとって、皇位継承一位の重責に未だお心が定まらないままである、といった印象を強く受けた。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。