秋篠宮殿下

秋篠宮家「アンチ小室シフト」を配備 会見を受け、眞子さま「茫然自失」

文/編集部

秋篠宮殿下、お誕生日会見の衝撃

先月11月30日、秋篠宮殿下は54歳のお誕生日を迎えられ、それに合わせて、お誕生日前に行われた会見の内容が発表された。特に注目を集めていたのが、眞子さまのご結婚に関する問題であるが、この問題に対する殿下の回答が現在波紋を広げている。

結婚の見通し,これについては私が昨年お話ししたことと変わっておりません。ただ,今質問にもありましたけれども,この次の2月で2年たつわけですね。やはりその,昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので,何らかのことは発表する必要があると私は思っております。

秋篠宮皇嗣殿下の記者会見 令和元年11月20日

一見、何気ない現状維持を意味する回答のように見えるが、この回答に関して、現在多くのメディアが、「事実上の破談宣告ではないか?」として大きく取り上げているのである。

来年2月までに結婚準備を整えるのは不可能

秋篠宮殿下は、回答の中で来年の2月に「何らかのことは発表する必要がある」と述べているが、実際的な問題として来年の2月までに小室圭さんが結婚を実現するための準備を整えることは不可能であると、多くのジャーナリストが考えているようだ。ある皇室ジャーナリストは次のように語る。

「来年の2月までに小室圭さんが結婚を成立させるため解決しなくてはいけない条件は、大きく分けて2つあります。

一つは、母親佳代さんと元婚約者との間で起きている400万円の借金トラブルの解決であり、もう一つは、安定的な収入を得るための就職の問題ですが、現在小室圭さんは、定職に就かず、無収入のままアメリカで留学生活を続けていますから、どちらも多くの国民が納得できるようなかたちで2月までに問題をクリアすることはほぼ不可能でしょう。

そうなると、次の2月に秋篠宮殿下が改めて結婚を許可されるということはほとんどあり得ず、事実上再延期か破談というどちらかの選択肢に限られます。

ただし、さらに2年間結婚延期されてもそれまでに小室圭さんがこれらの問題を綺麗に解決する保証はなく、また、あまり眞子さまの結婚を先延ばしし続けた場合、続かれる佳子さまのご結婚にも影響が出る可能性もありますので、これ以上の延期は困難です。

ですから、多くのジャーナリストや関係者が、今回の殿下のご発言に関して、事実上の破談宣告であると考えているようです(皇室ジャーナリスト)

事実上の「破談宣告」に眞子さま涙

この事実上の「破談宣告」に最も大きなショックを受けられていたのが、眞子さまであったという。秋篠宮家に近い関係にある皇室関係者は次のように語る。

「秋篠宮殿下の娘である眞子さまは、実際に会見が行われた際に、殿下の発言の意図を即座に理解されたようです。

会見の後には大変なショックを受けられ、周囲の職員らに対して涙ながらに“どうして父は理解してくれないのでしょうか?”と嘆きの言葉を口にされてました。どうやら、眞子さまは今でも心から、小室圭さんを信じ、愛し続けているようです。(皇室関係者)

これほど多くの国民から反対されながら、小室圭さんを信じ続け、結婚を諦めない眞子さまのお気持ちには驚く。ともあれ、多くのジャーナリストや関係者らの推測が正しいとすれば、いよいよ来年の2月には、この問題もいよいよ解決を迎える可能性が高いようだ。

https://kikunomon.news/article/23514

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。