紀子さま

眞子さま「GPS追跡装置」に、怒りの「ジャミング」倍返し

文/新藤幸人

殿下の会見では「何も語られず」

先月のお誕生日会見でも、眞子さまの件について沈黙を貫かれた秋篠宮殿下。多くの国民が“小室さんの留学に秋篠宮家が関与していたのではないか”“なぜ娘を説得しようとしないのか”といった疑問を抱えているのだが、そういった事には触れずに「娘とも小室家とも話していない」と述べるに留められた。

延期から2年となる来年2月には「何らかの発表を」とのお考えが聞けたのは良いものの、当事者とコミュニケーション不全の状態で、それは果たして可能なのだろうか? 関係者らは「眞子さまのご意志が固い以上、殿下は再延期を選ばれるはずだ」との見方を示しているという。ある宮内庁関係者は以下のように実情を語る。

「元々ご夫妻は眞子さまを『結婚も恋愛も自由意志』の方針で伸び伸びとお育てになられ、当初は小室さんのことも歓迎していました。小室さんが当時パラリーガルで不安定な職に就いていたことも『これからじっくり将来を固めていけば良い』と寛大に見守られていたのです。殿下は、個人的な“小室憎し”の感情よりも、眞子さまのお気持ちを尊重されています。娘を思って、小室さん側が解決に乗り出すことを待ち続けておられるのです。ですから2月には妥当な線として、再延期のお考えを公表されるでしょう」(宮内庁関係者)

眞子さまは毎夜小室さんと通信

一方、この秋篠宮殿下のスタンスを「理解したくない」のは紀子さまだ。秋篠宮家に近い関係者は紀子さまのご様子を語る。

「やはり紀子さまは小室家に強烈な違和感を抱えておられます。母・佳代さんも大変苦手と感じておられるようで、今では小室家と親族関係を結ぶことなどありえないという姿勢です。殿下ともこの件で非常に温度差があります」(秋篠宮家関係者)

しかし紀子さまの“強烈な違和感”を無視する形で、眞子さまは未だに小室圭さんや佳代さんとの通信を止めておられないという。さすがに逢瀬は叶っていないそうだが、毎夜の如く愛を囁き合っているというのだから、お心変わりなどできようもない。

「これには紀子さまもお手上げといったご様子です。流石に終日ご自宅で眞子さまを監視するわけにはいきませんからね。以前眞子さまに通信手段を一時的に取り上げると迫られたのですが、猛烈な反発をされてしまったので…」(同前・秋篠宮家関係者)

紀子さまの理不尽すぎる怒り

さて、小室さんへの思いが強すぎる眞子さまに対して、これまであらゆる“妨害手段”を講じられてきた紀子さま。特に密会に関しては「断固阻止すべし」と、眞子さまが外遊時などにはかつて無いほどに厳重な警備を敷いているという。先の関係者は続ける。

「実は、即位礼に前後して小室さんが緊急帰国するのではないかとの噂を耳に入れられた紀子さまは、密会を阻止するべく眞子さまご愛用のバッグにGPS追跡装置を付けられたのです。勿論眞子さまには秘密で。“危険な動き”にすぐに対処するためです。

しかし、眞子さまはこれの存在にすぐ気付かれ、ある職員に装置を持って山手線を何周かするよう命じられたのです。紀子さまは位置情報を確認しながら『なんなのですか! なんでずっとぐるぐるしてるの! 不良品掴ませるんじゃないわよ!』と大慌てでいらっしゃいました。その後、事の顛末をお知りになった紀子さまの怒りは眞子さまではなく、山手線周回の命令を受けた職員にぶつけられたのです。その者は影でひっそりと『理不尽すぎる…』と泣いておりました…」(同前・秋篠宮家関係者)

秋篠宮家で、母子の無言の攻防が続く…。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。