眞子さま

「眞子さまのご結婚は必ず止めます!」 小室圭さん「帰国阻止」の宮内庁幹部が激白

文/編集部

宮内庁、小室圭さんに帰国自粛要請

現在、眞子さまとのご結婚が延期状態となっている小室圭さん。11月に行われたお誕生日会見にて、秋篠宮殿下はこのご結婚問題について言及され、次の2月に「何らかの見解を述べる必要がある」と語られたものの、問題は実質的に何も進展していないという。

また、秋篠宮殿下の会見後には週刊誌等で「小室圭さんが年末に帰国予定」との報道がなされたが、結局小室圭さんは一度も日本に帰国していない。

「実は、去年秋篠宮殿下のお誕生日会見が行われた後に、宮内庁側から小室圭さんに対して、“帰国しないでほしい”との要望があったようです。

仮に、小室圭さん本人の帰国した場合、マスコミにより小室圭さんの周囲は混乱し、SPによる身辺警護が必要になる上、厳かな雰囲気で迎える令和皇室の初めての年始行事に水を差すことになりかねません。

また、秋篠宮ご夫妻も宮内庁を通して小室圭さんに、面会を許可されない旨を伝えているため、小室圭さんとしても年末年始の帰国を断念するほかなかったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

新たに発覚した小室家の問題

どうやら、現在の結婚延期の約束期限まで2ヶ月を切った状況で帰国が出来なかったことは眞子さまと小室圭さんの結婚を実現させるうえで、大変な痛手となったようだ。さらに現在では新たな問題も浮上しているという。先の皇室ジャーナリストは次のように語る。

「秋篠宮殿下は眞子さまとのご結婚にあたり当然、小室家側も相応の準備をされていることを期待されておりました。

ですが、実際には、結婚の段取りについて話し合いを行う過程で、小室家が結婚式の費用を全く準備しておらず、全くの秋篠宮家便りであったこと、皇室の伝統に則った結婚をする場合必要となる、結納をする際の“使者”となる者が小室家の親戚の中にいないことなどが判明しました。

このような問題に秋篠宮ご夫妻が頭を抱えられていたちょうどその時に、マスコミで400万円の借金トラブルが報じられたことで、ご夫妻のお気持ちは、一気にご結婚反対へと傾かれていったようです(前出の皇室ジャーナリスト)

宮内庁幹部は「結婚絶対阻止」を宣言

このように一向に問題が改善しない状況に特に業を煮やしているのが、小室圭さんに帰国自粛の要請を行った宮内庁であるという。

「現在、宮内庁は、おおよそ職員らが一丸となって眞子さまと小室圭さんの結婚を実現させまいと考えています。

ある宮内庁幹部などは、“宮内庁のメンツにかけてでも結婚は阻止する”と息巻いているようです(宮内庁関係者)

現在、大多数の国民が反対している眞子さまと小室圭さんのご結婚であるが、同時に、小室家にメンツを潰されるかたちとなった宮内庁なども、なんとか結婚を破談に出来ないかと画策しているようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。