秋篠宮殿下

「あなたの育て方を後悔しています」 美智子さま、小室問題で秋篠宮殿下に「最後通牒」

文/編集部

未だ解決しない金銭トラブル

2017年5月に報じられた眞子さまと小室圭さんの婚約。同年9月には上皇陛下(前天皇陛下)が”裁可”し、宮内庁から正式に婚約内定が発表された。

しかし、翌年’18年2月にお二人の納采の儀が延期になった。小室圭さんの母・佳代さんと、元婚約者との間で起きた金銭トラブルが、国民から大きな非難を集めたためだ。

「週刊誌が次々と小室家の裏事情を報じ、秋篠宮ご夫妻も動揺されたことでしょう。小室さんは、母の元婚約者から受け取った約400万円について『”贈与”であり解決済と認識している』との文書を公表しましたが、これがさらなる火種となりました。多額の援助をしてくれた人に対して、もっと誠実にその訴えを聞くべきだったでしょう。秋篠宮ご夫妻も、こういったコメントを出すべきではないと助言出来なかったのでしょうか…」(記者)

贈与税の時効は今年3月

さて、もし仮に小室家側の主張である贈与、ということで話し合いがついたとしても、さらなる追求は免れない。今度は”贈与税の納付はしたのか?”という問題が取り沙汰されることになるだろう。小室問題に詳しいジャーナリストは以下のように解説する。

「佳代さんが、最後に元婚約者から金銭を受け取ったとされるのが、’12年1月です。小室さんの留学費用として200万円を貸し付けたと、元婚約者は振り込み記録も公表しています。

貸与ならば、小室家には返済義務があります。贈与ならば、きちんと納税をしているのかも追求されることになるでしょう。更に、もし贈与であった場合、納税時効が3月末に迫っています。眞子さまと小室さんには、2月の延期期限に合わせてこの件についてもコメントしていただきたいです」(ジャーナリストK氏)

両殿下は「400万は返済出来ない額ではない」と考えている

眞子さまは婚約内定の延期に寄せたコメントで「色々なことを急ぎすぎていた」とおっしゃった。この言葉から推察するに、眞子さまや秋篠宮両殿下は小室家の金銭事情について事前に把握していた可能性が高い。

秋篠宮家の事情に通じる関係者は語る。

「ご夫妻が金銭トラブルを把握していたか否かについては、把握していた、と私は認識しています。ですが小室さんがここまで返済を渋ることは想定外でした。殿下も紀子さまも『400万はすぐ用意できる金額』との認識でおられますから、『ここまで問題が長引いたのは、小室家が返済をしないためで、その手助けをする義理は無い』と考えられているようです」(秋篠宮家関係者)

400万円はすぐに用意できる金額ではない。秋篠宮家が小室家の金銭トラブルを“大きな問題ではない”と軽く見ていた点が、問題の長期化の背景にありそうだ。

美智子さま、殿下を叱咤激励

さて、過熱する報道に関して、この婚約にご裁可を与えた上皇陛下と美智子さまは、大変お心を痛められているようだ。近頃は、ご自身が秋篠宮殿下に施した教育にまで後悔の念を抱いておられるご様子だという。

千代田のオクに通じる関係者は語る。

「美智子さまは秋篠宮殿下の伸びやかな生活を許し続けていたことを後悔されています。学生の頃より、殿下は自由に外出、外泊をされ、飲み歩くのもお好きでした。美智子さまは『もっとお金の管理を厳しく躾けるべきでした…』と涙ながらに語られています。

小室問題を軽視する金銭感覚になってしまったのはご自身の責任もあると、今は殿下に『皇籍を離れる覚悟で解決に向き合いなさい』と仰っています。もちろん皇籍を離れる、とは『それほどの覚悟を持って』との美智子さまの慈悲深さからくる叱咤激励ですが…」(千代田関係者)

秋篠宮殿下は、美智子さまの叱咤激励をどう受け止められているのだろうか。美智子さまの憂いが一刻も早く取り払われ、国民から敬愛を受ける秋篠宮家の姿を取り戻すためにも、この問題の解決が急がれる。

[kanren postid=”https://kourozen.com/archives/1204″]


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。