上皇陛下

美智子さま「バッシングに耐えられません…」 批判恐れ「歌会」ご欠席

文/編集部

令和初の「歌会始の儀」

今月16日、新年恒例となっている「歌会始の儀」が、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

今回の「歌会始の儀」は天皇陛下が即位されて後初めて、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、寛仁親王妃信子さまのお歌、一般応募の1万5324首(選考対象)の中から入選した10人の歌などが披露された。

療養中の雅子さまが歌会始の儀に出席されたのは平成15年以来、17年ぶり。これまで、新年には体調を崩されることの多かった雅子さまであるが、今年は体調を整えられ、天皇陛下と共に、素晴らしいお歌を披露された。

ご欠席された美智子さま

今回、雅子さまが17年ぶりに参加された一方で、これまで永らく出席され続けてきた上皇ご夫妻は会に出席されなかった。

「今回の“歌会始の儀”も新年恒例の行事ということもあり、宮内庁から上皇ご夫妻へ出席の要請がなされました。

しかし、年始に行われた“新年一般参賀”に参加された際に、上皇ご夫妻は一部で“二重権威になるのではないか”と批判を受けました。ですので、同様の批判を避けられるために、今回は参加を控えられたようです。

今年17年ぶりに出席された雅子さまは、上皇ご夫妻のお歌を楽しみにしていただけに、ご夫妻が出席されないことを大変残念に思われていました(皇室関係者)

今回、「歌会始の儀」に出席されることで、再び「二重権威」との批判が起こることを特に警戒されたのは美智子さまであったようだ。

「代替わり後、上皇ご夫妻は共に“二重権威”といった批判の声が上がらないよう配慮されてきましたが、現在、特にそのような批判の声を警戒されているのが美智子さまです。

美智子さまは、新聞やネット記事、週刊誌等で、ご自身について書かれている記事を読まれることも多く、そのためもあって、現在では“二重権威”というワードには特に敏感になられているようです。

ある時など、“二重権威ではないか”と、上皇ご夫妻の新年一般参賀への参加に疑問を投げかける週刊誌の記事を読まれた後に、思わず“もうこれ以上国民からのバッシングには耐えられません”と声を上げられることもありました(同前)

今後は再び公の場から退かれる可能性も

新年一般参賀に参加された際に、一部で大変なバッシングを受けられた上皇ご夫妻であるが、特に美智子さまに関しては、「もう批判はこりごりである」といったご感想を持たれているようだ。

代替わりから、新年一般参賀までの期間、「二重権威」となることを懸念し、公の場に姿を現すことを極力避けられてきた上皇ご夫妻であるが、新年一般参賀を終え、再び、公に場に姿を見せることを避けられるようになるかもしれない。

もちろん、中には上皇ご夫妻のお元気な姿を見て安心したいと願う国民もいるであろうが、やはり、代替わりが行われ新たな天皇陛下が即位された以上、しっかりとした世代交代を行い、新しい時代のかじ取りを次の世代へ任せバトンタッチしていくことが重要だろう。


匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。