佳子さま

佳子さま「秋篠宮」ブランド設立で、1兆円企業「代表取締役」ご就任へ!

文/編集部

イギリス国民を激怒させたヘンリー王子夫妻の王室離脱

今月1月18日、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻のイギリス王室離脱問題について、バッキンガム宮殿は、夫妻が公務から退き公金の援助も受けないことを発表した。

世界中で物議を呼んでいる離脱劇であるが、イギリス国民は今夏の騒動に関してハリー王子夫妻に激怒しているという。

目に余る税金の無駄遣い、イギリス国教会の伝統を完全に無視した型破りな結婚式、エリザベス女王に対する裏切りと非礼など、様々な問題にイギリス国民の多くが怒り心頭に達しており、一部では王子夫妻の国外追放運動にまで発展しているようだ。

メーガン妃を羨望の視線で眺められる佳子さま

このような状況で、メーガン妃も多くのイギリス国民から大変な顰蹙を買っている状況であるが、そんなメーガン妃を現在羨望の視線で眺められているのが秋篠宮家の次女・佳子さまであるという。

「以前から皇族であることの不自由さや息苦しさに不満を持たれていた佳子さまは、ヘンリー王子夫妻がインスタグラムのアカウントで王室離脱を宣言した当初から、この騒動に注目しておられました。

インターネットのニュースサイトなどで事の成り行きを見守りながら、自由を求めて悪戦苦闘するメーガン妃の様子を見られては、“私ももっと自由に生きたい”と何度も口にされておりました(秋篠宮家に近い皇室関係者)

様々な報道がなされる中で、特に佳子さまの興味を引いたのが、ヘンリー王子夫妻が王室を離脱した後に独立したビジネスで年に100億円を稼げるという英大衆紙による資産であったようだ。

「ヘンリー王子夫妻が王室を離脱した後に年に100億円を稼ぐことが出来るという試算に、佳子さまは大変驚かれたご様子でした。また、そのような報道を目にした後には、半ば冗談めかせて『私も皇族辞めたら、芸能プロダクションとか経営できるかな?100億円稼げる?皇室は世界的に地位が高いから、1兆円くらいいける?』などと仰られることもありました」(同前)

ダンスへの夢を諦められない佳子さま

先の皇室関係者は、佳子さまがこれほどメーガン妃に憧れられていることには主に二つの理由があるという。

「一つには、佳子さまがいまだプロのダンサーになるという夢を諦めきれていないということです。

ICU卒業後から、佳子さまは進学も就職もしていないことや、こなされるご公務の数が少ないことなどが批判されてきましたが、これもやはりダンスの練習時間を十分に確保するためにやむを得なかったのでしょう。

皇室を離脱してでもダンサーとしての夢を叶えたい、そのような想いは常に佳子さまの胸のに秘められているようです。

それから、もう一つは佳子さまが週刊誌などのマスコミ報道を嫌っており、SNSを活用した自由な情報発信を可能にしたいと考えられているということです。

今回の王室離脱騒動などをみても明らかですが、ヘンリー王子夫妻は、かなり重要で踏み込んだ発言であってもインスタグラムなどのSNSを活用し、マスコミを介さずに自身で直接的に情報発信を行っております。

佳子さまも現在日本のマスコミ報道にはほとほと嫌気がさしておられるご様子であり、ヘンリー王子やメーガン妃のように、より自由なかたちでご自身の考えを世間に広く伝えられればとお考えであるようです」(前出の皇室関係者)

佳子さまは、以前からダンスのみならず舞台芸術やファッション全般にも強い関心をお持ちであると伝えられている。

佳子さまは、「サセックス・ロイヤル」のブランドを活用してビジネスを立ち上げようとしているメーガン妃を参考に、メーガン妃を更に上回る“1兆円ビジネス”に乗り出すことに、胸を踊らせているようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。