紀子さま

紀子さま、美智子さま「退去」にお喜び!「これからは秋篠宮が皇室の中心ね!」

文/編集部

上皇ご夫妻19日に退去

今月13日、宮内庁は上皇ご夫妻が19日に皇居・吹上仙洞(せんとう)御所を退去されると発表した。

退去後、ご夫妻は葉山御用邸(神奈川県葉山町)と御料牧場(栃木県高根沢町)に滞在した後、31日に帰京し、そのまま仮住まい先となる高輪皇族邸(東京都港区)に入居される。

ご夫妻の退去後には、4月以降、天皇ご一家のご入居に向けた皇居の改修が始められる。工期は約9カ月を想定。同時並行で赤坂御所の荷物を整理するなど、お引っ越しの準備も進められる。

上皇ご夫妻の退去にお喜びの紀子さま

当初、代替わり後速やかにお引越し準備の準備が進められ、退去される予定であったが、お引越し準備の遅れや、上皇陛下と美智子さまの体調不良などの問題もあり、お引越しの時期には大幅な遅れが生じた。

そのため、Twitterなどでは、「天皇ご一家が住まわれるはずの皇居に引退した上皇ご夫妻が退去せずに住み続けるのはおかしい」「美智子さまがいつまでも居座ろうとしているのではないか?」などといった批判のコメントも書き込まれていた。

それだけに、ご夫妻に仕える上皇職の者たちは、引越し準備が完了したことに安心して、ホッと胸を撫でおろしているという

また、上皇職の者たちの他に紀子さまも、上皇ご夫妻のお引越し準備が完了したことを大変喜ばれているという。

「上皇ご夫妻のお引越し準備が完了し、退去の日程も決まったというニュースを知られた紀子さまは、大変嬉しそうなご様子で、“これでようやく秋篠宮家が皇室の中心になりますね”と仰られました。

さすがに、この一言には周囲の職員らも驚いたようで、職員の一人が思わず、“これから皇居に入られるのは天皇ご一家ですから、皇室の中心は天皇ご一家なのでは?“と聞き返しました。

すると、紀子さまは“だって、後継ぎの居ない今の天皇家は所詮中継ぎでしょう?男子の後継者がいる秋篠宮家こそ皇室の中心に決まってるじゃない”と自信に満ちた様子で仰られたのです(秋篠宮家に近い皇室関係者)

これまで、秋篠宮邸で重責に耐えかねた職員が赴任早々、身体に失調をきたす、あるいは依願免職を申し出るケースがしばしば見受けられたというが、このような紀子さまの傲慢ともいえる言動も職務に嫌気のさす職員が多い理由の一つであるかもしれない。

女性天皇議論しない政府の姿勢に反対の声

現行の皇室典範では、男系男子のみに皇位継承資格者が認められており、皇室典範が改正されなければ紀子さまが仰られているように、天皇ご一家には後継ぎがいないことになる。

とはいえ、現在、様々な世論調査において女性天皇を認める意見が約8割の多数を占めており、「愛子さまを次の天皇に」と望む声は強まるばかりである。

現在、政府は女性・女系天皇に関して、「議論をしない」という方針を固めているというが、大多数の国民の声を無視して、次の天皇を強引に決めようとする政府の姿勢に対しても反対の声は強まっているようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です