秋篠宮殿下

秋篠宮家、外務省に通達なしでブータン旅行へ? 宮内庁関係者は「あり得ない」と反論

秋篠宮家と外務省の不穏な関係

秋篠宮ご夫妻と悠仁親王は8月17日から1週間にわたってブータンへ私的旅行としてブータンを訪問した。現地では大変な歓迎を受けると共に、将来の天皇陛下となられる悠仁さまと、ブータンの国王となられるジグメ・ナムゲル王子の二人でツーショット写真を撮るなどして、非常に意義ある交流もなされた。

しかし、同時に今回の旅行の裏で不穏な噂も囁かれている。たとえば、今週発売されたある週刊誌の報道によると、殿下の訪問に関して相談を受ける立場であるはずの外務省が、NHKの報道で初めて秋篠宮家のブータン旅行を知り、関係者は『何だコレ? ウチには連絡がないぞ』と仰天したとされている。

ネット上でも批判殺到

先の報道内容によると、今回の旅行では、外務省に対して相談を行わずに秋篠宮殿下でブータン行きとその日程まで決定し、外務省や宮内庁とは関係ない外部の人間に相談を行い下見まで済ませたうえで、マスコミにブータン行きの情報を流したそうだ。

外務省関係者が秋篠宮ご夫妻と悠仁さまのブータン行きを知ったのは、NHKのニュースを報道を目にした時であるという。

このニュースに関して、インターネット上でも秋篠宮殿下に対する批判の声が多数書き込まれており、ヤフーニュース等では、「秋篠宮殿下は身勝手すぎる」「自由の意味をはき違えているのではないか?」「殿下の身勝手な行動が周囲にどれだけ迷惑をかけているかわかっているのか?」といったコメントもみられた。




宮内庁、外務省共に報道内容を否定

しかし、果たして、秋篠宮殿下が外務省に一切相談せずに勝手にブータン行きとその日程まで独断で決定することなどあり得るのだろうか?ある宮内庁関係者は次のように次のように語る。

「秋篠宮殿下が宮内庁にも、外務省にも相談なしで、勝手に外遊先の相手国や、その日程まで決定することなどあり得ません。皇族の方々のご旅行に関しては、たとえそれが私的訪問であっても、非常に大勢のスタッフのサポートが必要になります。

航空機の手配、身の安全の確保、相手国の要人やスタッフとの日程や時間の調整等々の手続きを宮内庁や外務省のサポート無しに外部の民間人が全て取りまとめることなどまず不可能です。

全くあり得ないことではありますが、一体、何を根拠にこのような報道がなされたのかということが理解に苦しみます」(宮内庁関係者)

また外務省の関係者は次ように。

「皇室の方々が海外渡航される場合には、その公私を問わず、かなり前から外務省側に打診があります。それを受け外務省では、当該部署で特務チームを編成し、日程などの調整を行います。連絡の過疎は別として、事前連絡を全くしないまま勝手に渡航を決定するということはあり得ないと思います」(外務省関係者)

確かに、少し落ち着いて冷静に考えてみるなら、「外務省に連絡なしで旅行を決定した」かのような報道が事実である可能性はほぼあり得ないだろう。そもそも、ブータンの国王との面会を取り付ける段階で、外務省と無関係の民間人が連絡したところでどうにもならないはずだ。

また、念のために筆者も、外務省に電話で質問してみたが、やはり「あり得ない」とのこと。外務省と秋篠宮家が対立しているのか?とも質問してみたところ、最初は回答を拒否されたものの、食い下がってしつこく問い詰めた後には、少々呆れ気味に「何を根拠にそのような報道がなされているかが理解できない」と嘆息の声を漏らした。

行き過ぎた秋篠宮家バッシングを懸念

先の宮内庁関係者によると、今回の報道に関しては、あまりにも悪質であり、意図的に秋篠宮家を貶めるような内容であるために、抗議の申し入れも検討しているという。

もちろん、一体何が正しい情報であるかの判断というのは難しいが、今回の報道に関しては常識的に考えるならば、秋篠宮殿下が外務省と相談せず、ブータン行きとその日程まで独断で決定するなどあり得ないことのように思われる。

現在、皇室関係のニュースにおいて、過激な内容の報道が増えると共に、根拠の怪しい情報も数を増している。メディア側の報道モラルが低下する現状において、情報の受け手の側にも慎重に情報を検討吟味する姿勢も求められるだろう。

(編集部)

https://kikunomon.news/article/7242

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。