皇室

紀子さま「プロモ写真&動画」が、海外で「つくりすぎ」と話題 「美しいのもいいけど、素の皇室が見てみたい」の声も

紀子さまの53歳の誕生日

紀子さまは11日、53歳の誕生日を迎えた紀子さまは宮内記者会の質問に文書で回答され、宮内庁は紀子さまの写真を公開しました。

5月の御代替わりに伴い、皇嗣妃と重い立場になった自身の想いを「新たな立場に伴う責任」を感じつつ、「私自身の健康にも気をつけながら、力を尽くして参りたい」と記しました。

紀子さまはこれまで、自身の誕生日ではなく、秋篠宮さまの誕生日会見に同席した際に家族の近況や所感を語ってきましたが。皇嗣妃になられたことから、紀子さま自身の誕生日にもこの機会が設けられました。記者会見ではなく文章による発表になったのは、眞子さまの事など色々なセンシティブな質問が飛び出すことを恐れてのことだ言われいます。

そんな中、宮内庁は文章にあわせて、HP上でこの一年間のお写真や動画を公開。海外でも絶賛の声が相次いでいます。

紀子さまの誕生日に公開された写真

海外で「チャーミングで綺麗」と称賛の声があがる

宮内庁が公開された紀子さまの写真に対して「魅力的ね」「美しい」「品格がある」などの絶賛の声が相次いでいます。

海外の口コミ
海外の口コミ
紀子さまはとても魅力的でチャーミングね~。
海外の口コミ
海外の口コミ
紀子さま~美しい~。雅子さまも美しいが私は紀子さま派だな。
海外の口コミ
海外の口コミ
皇嗣妃になってから、品格がでてきたよね! うん、美しい!

中には写真があまりにも綺麗に撮影されているところから、“秋篠宮家のプロモーション撮影”だったのではないかという声もあげられていました。

海外の口コミ
海外の口コミ
それにしてもこの写真やけにきれいだな、秋篠宮家アルバムのジャケット撮影でもしてたのかな?

紀子さまの写真のお姿が奇麗に映りすぎて不自然に撮られてるように見えるという声もあげられていました。

海外の口コミ
海外の口コミ
しかしなんかプロモーションアルバム見ているみたいだ(笑) 清く正しい皇室ってうメッセージがすごい伝わってくる! あまりに奇麗に撮れ過ぎて、逆に不自然に見えなくもないね。フォトショップとかで修正しているのかな?
海外の口コミ
海外の口コミ
でも、日本の皇室なんだからカメラマン連れて行ってもいいじゃない~。適当な写真をあげるわけにもいかないし。こんな気品があるふうに撮れるのはすごい良い事だよ。

私的旅行は「次期天皇家の秋篠宮アルバム作成」の為だったのかと疑問の声があがる

ブータン私的旅行は紀子さまの“秋篠宮家アルバム作成”の撮影現場だったのではという疑問の声が海外で相次いでいるようです。

海外の口コミ
海外の口コミ
綺麗だけどさ~なんかこの写真、変じゃない? すっごい作られてる感を感じるのは私だけ? ブータンで撮った写真だよね?
海外の口コミ
海外の口コミ
ブータン私的旅行に撮った写真、なんかやけにキレイに撮れてない?
海外の口コミ
海外の口コミ
確かに!この写真は絶対にプロカメラマンの撮影だよね。秋篠宮さまがこんな奇麗に撮影出来たらそれはそれでびっくりだけどね(笑)
海外の口コミ
海外の口コミ
そりゃーそうでしょ宮内庁が公表する写真だし、それようにきれいに撮ってるんでしょ。
海外の口コミ
海外の口コミ
ブータンには私的旅行で行ったのに、どうしてこんなに綺麗な写真を撮ってるのか?って事でしょ?プロカメラマンを指摘旅行に同行させたのか? ってのが一番の疑問だ。
海外の口コミ
海外の口コミ
こっち(欧州)の王室と同じ!日本の皇室なんだからプロモーションで当然でしょ!でも日本の皇室の写真とかって極端に美化され過ぎているのが多いよね。こっち(欧州)の王族なんて、なかには一般人と変わらない野暮な写真ばっかの人もいるし。美しいのもいいけど、素の皇室を見てみたいなぁ。

秋篠宮家が国民の心を掴む為に”プロモーションアルバム”の作成を試みているのではないかという声があがるほどでした。

海外の口コミ
海外の口コミ
なんか、モデルのアルバム撮影みたいだよね。秋篠宮家のプロモーションアルバムでも作ってるのかな?
海外の口コミ
海外の口コミ
じゃ~、徐々に写真を公開していって、佳子さまの欧州公務でも写真を撮りためて年内には発売かな?(笑) 次女の佳子さまってすごいカワイイじゃん。
海外の口コミ
海外の口コミ
佳子さまは確かにカワイイ! でも、秋篠宮家って眞子さまの結婚の事とかで色々とあるみたいだからね…。こういう形で国民の心をつかもうとしてるのかも。

紀子さまの公開された写真には、どのような意図があったのかは不明ですが。少なくとも海外の人の間で日本皇室に対する関心が高い事が伺える内容となりました。

「皇嗣妃」として女性皇族をリードしていく立場の紀子さま。

今後も色々な新しい試みをしていかれる事でしょう。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。