佳子さま

佳子さまついにご公務でダンス披露!「歌って踊れるアイドル皇族になります!」

文/編集部

佳子さまついにご公務で得意のダンス披露

10月20日、秋篠宮家の次女・佳子さまは障害者のダンス大会を鑑賞された。この大会は、障害のある人とない人が、ダンスや音楽を通じて理解を深める目的で開催されたもので、佳子さまもリズムに合わせて、手拍子を送られた。

鑑賞後は出演者等に出演チームのメンバーと懇談し「見ていると胸がいっぱいになり、楽しかったです」「ダンスのどのようなところを工夫しましたか」などと声をかけられた。

さらに、なんとこの日は、白のパンツに、ピンクのTシャツというラフな服装に着替えて、出演者等に混ざり即興でのダンスパフォーマンスを披露された。

佳子さまが大会参加者等に混ざって、パフォーマンを披露された時は、まさにこの日一番の盛り上がりとなりました。観客もまさか佳子さまがダンスを披露されるとは思っていなかったようで、驚きの歓声と共に大いに盛り上がり、佳子さまが踊られた後には、盛大な拍手が送られました。

佳子さまのダンスに関して、ある観客の一人は興奮気味に“可愛らしさと同時に、キレのあるカッコ良さも両立させた素晴らしいパフォーマンでした!とにかく感激の一言です!”と語った(皇室ジャーナリスト)

歌って踊れる女性皇族に

これまで、佳子さまは高校生時代には、文化祭でダンスを披露され、その後も大学入学後お忍びでダンスイベントに出演されることがあったが、公務でダンスを披露されたのは今回が初めてである。秋篠宮家と近い関係にある皇室関係者は次のように述べる。

これまで、佳子さまは、紀子さまの反対もあり、ダンスのレッスンやイベントの出演などもお忍びでこっそりと参加されていました。

しかし、先日週刊誌に掲載されたダンスイベントの出演を報じる写真付きの記事をきっかけに国民の間で、“佳子さまのダンス姿を観てみたい”という期待の声が高まり、また、紀子さまもついに根負けし“勝手になさい”と発言されたことが今回佳子さまがご公務でダンスを披露することを決意されたきっかけになったのかもしれません。

実は、最近では側近の職員の者には“歌って踊れるアイドル皇族になりたいの”と将来への希望を語られることもあるようです(皇室関係者)

今回、大変好評であったご公務でのダンス披露をきっかけに、多くの国民からの期待を受け、今後はより積極的にダンスを披露される機会が増えそうだ。




公務の要請が激増

実は、今回の週刊誌報道と、公務でのダンス披露をきっかけに佳子さまへの公務の要請が激増しているという。先の皇室関係者は次のように語る。

実は、現在各方面から佳子さまへの公務の要請が激増しています。先の週刊誌報道でのダンス姿の写真をきっかけにネット上で佳子さまの人気が再び盛り上がりをみせていること、そして、今回の障碍者のダンス大会で披露された佳子さまのダンスパフォーマンスが観客達の間で大変な好評を博したことがその理由です(皇室関係者)

これまで、「受け身の公務」と言われ、ご公務に対する消極的な姿勢が批判されることもあった佳子さまだが、現在では、ダンスを活用した「佳子さま流」の公務に前向きな強い意欲を示されているという。

かつては、その美貌が絶賛され国民の間で「佳子さまフィーバー」を巻き起こしたが、今後は、その華麗なステップとクールなストリートファッションで再び多くの国民を魅了し熱狂させる日が来るかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。