紀子さま

佳子さま、紀子さまに「逆ギレ」大喧嘩!「チャラチャラしてるから、ナンパされるのよ」との叱責に 泥酔議員事件の報道を受けて

文/編集部

追及の続く泥酔議員事件

先月10月に行われた天皇陛下の即位を祝う「饗宴の儀」で、ある野党議員が酒に酔って不適切な行動を取ったという疑惑について国会で追及が続けられている。

この泥酔議員はお酒を大量に飲み、酔った状態で、眞子さまと佳子さまに話しかけ、眞子さまに対しては「彼氏と会っていますか」「アメリカはやはり遠いですね お寂しいですか」と、そして佳子さまに対しては、異様に高いテンションで「殿下!殿下!」「うぇ~い」などと茶化すように声をかけたとされている。

国会やマスコミの追及に対して、この議員は、「他の参加者もみんな飲んでいたし、問題となるような行動は取っていない」と発言しており、言った言わないの水掛け論となって、現在、議論は平行線を辿っている。

佳子さまを叱責される紀子さま

実は、この事件と関連して、秋篠宮家の家庭内において喧嘩が発生しているという。秋篠宮家と近い関係にある皇室関係者は次のように語る。

「実は、この泥酔議員が起こした事件の後、失礼な発言を繰り返していた国会議員に対して怒りを露わにされていた佳子さまに対して、紀子さまが『あなたが普段からチャラチャラしているのもいけなかったのではないですか?ナンパされたくなければ、それ相応の日頃の振舞が必要でしょう』『軽い女と見られたからあの議員に声をかけられたのではないですか?』と、叱責されてしまったのです。

この紀子さまからこのような言葉をかけられたため、佳子さまは『余計なお世話!』とますます激怒されました…。会場の外まで聞こえるほどの大きな声で、紀子さまと激しい口論となり、辺りは再び騒然となりました。このようなことが近ごろ多いので職員一同参っております」(皇室関係者)

佳子さまが秋篠宮邸以外の場所で両親と口論をされることは滅多にないが、この時ばかりは佳子さまは苛立ちを抑えきれずに声を荒げてしまったようだ。

深刻な家庭内分裂

眞子さまのご結婚をめぐる考えの対立や、佳子さまのご趣味のダンスの問題等で、以前から深刻な対立状態が続いている秋篠宮家であるが、ますます眞子さま佳子さまご姉妹と、秋篠宮夫妻の対立は深まるばかりで、一向に関係改善の兆しは見えてこないという。

これまでも、過去に秋篠宮邸内で激しい口論などの親子喧嘩が行われることはたびたびあったが、今回の件では、家庭の外で、皇室関係者や職員以外の人間がそのご様子を見聞きすることの出来る場での口論を起こされたということで、関係者らは深刻な懸念を抱いているという。

今後もこのような事態が繰り返されれば、秋篠宮家の威厳は損なわれ、国民からの信頼も失いかねないだけに、現在、同じことが繰り返されないよう大変な注意が払われているようだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。