秋篠宮殿下

秋篠宮殿下、誕生日会見で「皇籍離脱」発表か? 天皇陛下から「涙」のご叱正 (ニコラ・ライト)

文/二コラ・ライト

迫るXデー、秋篠宮殿下誕生日会見

ついに、秋篠宮殿下の54歳の誕生日が今週末(11月30日)に迫った。昨年に「大嘗祭を私費で」「身の丈に合った形で」と発言されてから早いものでもう1年がたったのだ。

昨年には小室圭さん問題についてこのような発言もしていた。

「娘と小室さんのことではありますけれども、私は、今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。(中略)これは、二人にも私は伝えましたが、やはり、今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアにするということ(が必要)になるかもしれません」

平成30年11月30日秋篠宮殿下誕生日会見

この時は「結婚への条件」ハッキリと示したため、国民も秋篠宮殿下を見直した瞬間だっただろう。しかし、それから1年経ってもまだ解決の糸口は見えず、小室さんもダラダラ留学を続け、眞子さまは待ちぼうけ…。

解決しない小室圭問題をしり目に、兄である新天皇即位や大嘗祭、そして守屋絢子さんのご出産など、立て続けに慶事が進んだ1年だった。

秋篠宮殿下のある計画

さて、ここで宮内庁関係者から驚きの声が入ってきた。宮内庁関係者は「ある計画がある」と、驚愕の真実をこう教えてくれた。

「秋篠宮殿下の誕生日ですが、実は『皇籍離脱発言』をなさる計画が水面下で進行中です。先日、仙洞御所で秋篠宮殿下と上皇陛下が面会されたのですが、『国民の期待を裏切った、小室さんの問題も解決できない、このまま皇室にいても申し訳ない』と、秋篠宮殿下が上皇陛下に仰ったそうです」

確かに、令和になり秋篠宮殿下の評判は落ちるばかり、当サイトやヤフコメでも急落の一途をたどっているのは客観的事実だ。

  1. 「高齢で即位はできない」弱気発言
  2. 娘の結婚も阻止できない
  3. 「大嘗祭は私費で」発言
  4. にもかかわらず、高額な自宅改修費
  5. 佳子さまのチャラい風貌

このようなことが最近の秋篠宮殿下バッシングの根本原因であろうか(⑤は見た目の問題だが)。

しかし、 相談するなら上皇陛下ではなく、天皇陛下にするべきではないか? それに、「皇室典範」には皇太子は皇籍離脱できないと書いてあり、実質皇太子待遇の秋篠宮殿下が皇籍離脱をするなど可能なのだろうか。宮内庁関係者はこう続ける。

「ええ、まさにそこが天皇陛下ではなく、上皇陛下に相談した核心部なんですよ。上皇陛下は皇室典範にも憲法にも書いていない譲位をされましたね?特例法で。特例法が制定されたのは上皇陛下の『肉声メッセージ』で国民に直に問いかけたからです。秋篠宮殿下も上皇陛下のように誕生日会見に『肉声メッセージ』で国民に訴えかけるおつもりのようですよ」(宮内庁関係者)

なるほど。特例法を編み出した上皇陛下から学ぼうと言う魂胆か。腑に落ちる話だ。しかし、天皇陛下は御存じなのだろうか。

弟の決意に、天皇陛下は泣いている

侍従職周辺の人物に「秋篠宮と陛下の間で何かあったのか?」と確認するとこう答えた。

「『大饗の儀』の翌朝、侍従職の机の電話が鳴ったんです。こんな早い時間になにかなと、侍従がとると秋篠宮殿下だったんです。侍従は少し驚いて話を聞いていたのですが、電話が終わるとムッとした表情で赤坂御所に向かったそうですね。『何があったのか』と侍従に近い人物に聞くと『秋篠宮殿下が陛下とサシで話がしたい』と言っているようだと教えてくれました。兄弟と言っても急にアポなんか取れないことくらい理解していらっしゃるはずですから、急に電話してくるなんてよっぽどの緊急の事情なんだろうなと思いました」(侍従職周辺)

急にアポを入れたとなると、秋篠宮殿下の皇籍離脱は突発的に思い立ったことのようだ。

「その日の夜、陛下は鼻を軽くぐずらせ、泣いているような眼をしていらっしゃったようです。風邪でもひかれたのかと思いましたが、職員の中には『秋篠宮殿下が何か話したのではないか』と言う人もいました」(侍従職周辺)

評判を落としている秋篠宮殿下だが、天皇陛下としては血を分けた兄弟である。弟の皇籍離脱は恐らく陛下としては不本意に違いない。

冒頭の宮内庁関係者に「陛下は泣いていたようです」と伝えると、少し間をおいてこう答えた。

「…陛下もお悔しいでしょうね。きっと、愛おしい弟も民間に下らせなければこの危機は乗り越えられないとお思いなのでしょう。弟に真に反省し、民間で苦労して一人前に立ち直ってほしい、と。千尋の谷に我が子を落とす獅子の優しさと言えると思います。『皇籍離脱』を一番お辛く感じているのは、秋篠宮殿下ではなく、国民でもなく、実は天皇陛下なのだろうと思いますよ」(宮内庁関係者)

千尋の谷に弟を落とす「優しさ」

きっと、陛下も泣いて馬謖を斬る思いで弟を民間人に下らせる決断をなさったのだろう。国民も決して秋篠宮殿下を憎んでいるわけではない。殿下に真に反省していただきたいと思っているだけなのだ。

来る11月30日、驚くべき発表が秋篠宮殿下からなされる計画が進行中だ。

殿下には陛下の愛を噛みしめ、真に反省して、いつかまた、弟として両陛下を支えるその日まで民間で下々の苦労を学んでいただきたい。

(取材協力/斎藤弘毅)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。