小室問題

小室佳代さん、秋篠宮殿下に「プレゼント攻撃」 宮内庁再び「厳戒態勢」

文/編集部

まもなく秋篠宮殿下の誕生日会見

御代替わりの重要行事が終わり、いよいよ「安定した皇位継承のための議論」がスタートしようという中。「女性宮家」創設の如何についても議論が活発に交わされ始めている。

女性皇族が結婚後も皇籍に残り、宮家当主として皇室の活動を支える「女性宮家」構想。皇族の減少や男女比の偏りなどを考えると、このまま女性皇族が次々と降嫁してしまえば、将来的に皇室に残るのが悠仁さまただお一人、という事態が想定される。そのため、今回の議論の中心となる議案だ。

そんな中、11月30日の秋篠宮殿下のお誕生日会見に注目が集まっている。殿下はこれまで、“皇室のスポークスマン”として折りに触れて様々なご発言をされてきた。公務の定義や天皇の定年制、天皇陵のあり方について、さらに大嘗祭の費用に関してなど、歯に衣着せぬご発言をされてきた殿下だが、今回の会見では「女性宮家」創設に関して何らかのご発言をされるものと見られている

昨年の会見はご夫妻で

小室佳代さんも会見を警戒

そして、この会見には、渦中の小室佳代さんも関心を寄せているようだ。ある宮内庁関係者は以下のように話す。

「秋篠宮家と小室家の関係に亀裂が生じてからというもの、佳代さんは紀子さまではなく宮内庁に直接電話をかけてくることが多くなりました。陛下への謁見要求から、週刊誌報道に関することなど様々ですが、総じて『眞子さまと圭は結婚できるのか』といった内容ですね。今月始めにも『殿下は女性宮家についてどうお考えなんですか?』との電話があったようです」(宮内庁関係者)

佳代さんが女性宮家に関心を寄せるのは当然だ。このまま婚姻延期が伸び、女性宮家創設が正式に決まった後に眞子さまと小室圭さんが無事成婚すれば、小室さんが「皇室入り」する可能性もあるからだ。上昇志向が強い佳代さんにとって、小室さんが皇族となることは、長年の“悲願”と言える。

佳代さんから再び「プレゼント」

そんな佳代さんから、秋篠宮殿下のお誕生日会見の収録前日、今月の19日に再び荷物が届いたという。秋篠宮家宛には、これまでにも何度か“佳代さんからの小包”が届けられてきたらしいが、今回は時期的に秋篠宮殿下への誕生日プレゼントのつもりだろう。

「ですが毎回、本人からとは限りません。騙りも紛れていますから、その都度皇宮警察が中身を確認し、秋篠宮家にお渡しするかを決めています。今回もX線検査で中身が爆発物などの類ではないことを確認してから慎重に開封が行われました」(秋篠宮家関係者)

さて、その小包の中身とは?

「佳代さん直筆と思われるお手紙と、チョコレートです。手紙の内容は『秋篠宮家の弥栄をお祈りします』との内容、そして眞子さまと圭さんの輝かしい未来について、便箋10枚に渡り詳細に書かれていました。チョコレートは『自由の女神』の形のもので、調べたところ『ライラック・チョコレート』という店のものでした。NY土産なのかも知れません…。発送は国内からでしたので、頻繁にNYに渡っているんでしょうね。いずれにしても不審物には変わりないので、殿下の手に渡らず適切に処理されました」(秋篠宮家関係者)

ライラック・チョコレート「自由の女神」

女性宮家創設を悲願とする小室佳代さん。殿下の会見収録日をどのように知ったか定かではないが、今回の贈り物を通じ、殿下に対し「どうか便宜を図っていただきたい」とのメッセージを込めていたのかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。