秋篠宮殿下

秋篠宮殿下、会見後に“深酒” 「コム…許すまじ」と怒り隠せず

文/新藤幸人

お誕生日会見

11月30日に、54歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮殿下。殿下は皇嗣となられた現在のお気持ちについてや、即位の礼、大嘗祭に臨まれたご感想、悠仁さまのご成長について、そして眞子さまのご婚姻延期問題についてなどを約15分間の会見で語られた。

秋篠宮家に詳しい皇室ジャーナリストは今回の会見を次のように評価する。

「昨年よりもお顔色は良かったように感じました。ですが、国民の一番の関心事である眞子さまの問題に関して『昨年と気持ちは変わらない』とされ、この件を眞子さまと話し合われていないことも明らかになり、この事に落胆を覚えた人も多いはずです。

殿下のお気持ちとしては、昨年の会見で小室さん側に『結婚の意志があるなら相応の対応を』と求め『色々とクリアになるまで納采の儀は行えない』とコメントされたのが、事実上の最後通牒のおつもりだったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

小室さん、時すでに遅し…

昨年の殿下の会見後には、小室圭さんが「この金銭トラブルは解決済みと認識している」とした文書が公表された。果たして今回の会見を受けて小室圭さんはどのように動くのであろうか?

「小室さんも当然、今回の会見を見ていたでしょう。ご夫妻とも小室さんとは音信不通状態ですし、今回の会見では殿下はこの問題に関して語りたくないといったご様子を隠されませんでした。期限も迫る中、さすがの小室さんも焦りを感じているに違いありません。昨年同様、また何らかのアクションを起こす可能性が高いです」(同前・皇室ジャーナリスト)

しかし、小室さんが秋篠宮ご夫妻とコンタクトを取るのは非常に困難な状況だという。秋篠宮家の内情に詳しい関係者は次のように状況を語る。

「紀子さまもそうですが、特に殿下は、もはや小室家側を“毛嫌い”しているレベルです。小室さんが冬休みに合わせて緊急帰国するなどとも言われていますが、両者会談のハードルは非常に高いでしょう」(秋篠宮家の事情に詳しい記者)

小室さんに対して怒りを募らせる

また、会見後に殿下の小室さんへの「嫌悪感」がよく分かる出来事があったという。

「実はあの会見後も、殿下は収録後の深夜に深酒をなさったのです…」そう語るのは、さる秋篠宮家関係者だ。

「日に日にお酒を召される量が増えていると、紀子さまも大変心配しております。特に深酒をされた翌日は紀子さまからの問いかけにも上の空、といったご様子で…。皇嗣となったことでプレッシャーも増大し、ご自身でも新たに覚えることなどが山積している状況に加え、悠仁さまの帝王教育についてもご一家で意見が分かれるなど、家庭内にも閉塞感が漂っています。

秋篠宮家の要望に応じない小室さんへの憤りもピークに達しているご様子なのです。会見を終えられた後、深夜まで日本酒やスコッチなどをチャンポンされ、時折苦悶の表情で『コム…』とか『許すまじ…』とのお声が漏れてしまっていたほどです…」(秋篠宮家関係者)

今回の会見で、2020年2月にご婚姻延期問題に何らかの回答をするおつもりであると述べられた秋篠宮殿下。かつて小室家側は「秋篠宮ご夫妻の主導で」の解決を嘆願したというが、それは現状非常に難しそうだ。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。