天皇陛下

美智子さま「雅子さん、目立ち過ぎ!」とチクリ 「礼賛マンガ」をご懸念

文/編集部

天皇皇后両陛下の物語が漫画化へ

先日発売された「週刊女性」12月3日発売号にて、雅子さまの半生が物語化された漫画の連載が開始された。連載漫画タイトルは「皇后雅子さま〜笑顔輝くまで」。女性漫画家の折原みと氏が少女漫画タッチで雅子さまと天皇陛下の物語を描く。

週刊誌での連載だが、掲載されるのは月に1回。折原みと氏は、自身のブログとTwitterにて、

「まさか自分が、天皇陛下の漫画を描くなんて、、。

恐れ多いわ((((;゚Д゚)))))))

少女漫画タッチの両陛下!!

ぜひ、ご一読ください」

とのコメントを発表している。

雅子さまの半生を描く物語

この物語は、天皇皇后両陛下ご成婚の年に生まれた26歳のフリーライター山村雅が即位を記念した雑誌の企画で雅子さまの半生について調べていくというかたちでストーリーが進んでいく。

すでに第1話が公開されているが、今後は、「雅子さまがなぜ世間やマスコミから壮絶なバッシングを受けるに至ったのか」そして、「両陛下が、いかにしてそのような辛い経験を乗り越えてこられたか」を中心に物語が展開していくようだ。

当時の世間やマスコミによる皇太子ご夫妻に対する異様ともいえるバッシングに関しては、現在でも様々な憶測や陰謀が囁かれているが、今回の描かれる物語では、そういった微妙な問題にどこまで踏み込んで表現されるかも注目すべき点の一つと言えるだろう。

美智子さまは雅子さまの神格化を懸念

すでに「週刊女性」に掲載されている第1話では、早くも雅子さまの素晴らしい能力や人格、そしてそのカリスマ性についても触れられている。

アメリカ留学後、ハーバード大学を卒業し、強い使命感を持って外交官を目指されたこと。倍率40倍の難関試験に合格し、父娘2代の外交官という快挙を達成し、マスコミから大変な注目を受けたこと。理想に燃え、外交官としての仕事に邁進されていたこと等々。

しかし、実は、このような雅子さまの華々しい半生を肯定的に描く物語のあり方に、上皇后陛下の美智子さまは、疑問を持たれているという。上皇ご夫妻と近い関係にある皇室関係者は次のように語る。

「現時点で、果たしてこの漫画がどのように雅子さまの姿を描いていくのかは正確には分かりません。ですが、美智子さまは、雅子さまをカリスマ視し、過度に神格化するかたちで描くことは良くないのではないかと懸念されているようです。『こんなに上げるなんて、これから大変よ~』と心配しておられます。

特に、現在では、週刊誌報道等を中心に天皇皇后両陛下の魅力や強調するめに、秋篠宮家や宮内庁を引き合いに出し、貶めたり、悪者にしたりといった傾向もみられます。

そのようなことが起きないためにも今回の漫画に関して、美智子さまは“しっかりと問題があったことも伝えて、中立的な観点を守って欲しい”としきりに仰っているようです(皇室関係者)

このような報道のあり方のバランスをトータルに捉える視点は、長年皇室の中心的存在であられた美智子さまならではの観点といえるかもしれない。しかし、お二人の不仲説なども報じられる中、美智子さまの雅子さまに対する苦言とも取れるご発言には、周囲もヒヤヒヤしている面があるようだ。

ともあれ、影響力の大きな雑誌での連載であるだけに、この物語が、今後雅子さまの姿をどのように描いていくのか、そして当時の雅子さまバッシングの問題に関してどこまで踏み込んで描くのかといった点は注目すべきだろう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。